103万円の壁よりやっかいな130万円の壁

税金の控除で最も大きく取り上げられるのが「103万円の壁」でしょう。

103万円の壁?なにそれ?」と思っている人に簡単に説明すると、年収が103万年以内であれば、配偶者控除を受けることができ、更に何だかんだで所得がゼロになるので所得税がかかりません。

なので、多くのアルバイトやパートタイマーがこの103万円を超えない様に注意して働いています。

詳しくは「年収が100万円以内だと税金はかからない」を参照して下さい。

ただ、年収103万円だと月収で考えるとおよそ8万6千円です。学生アルバイトならまだしもフリーターや、夫の収入が低い主婦からしてみれば少々物足りない金額ですよね。

なので、配偶者控除を受けなくていいし、所得税も払うからもっと稼ぎたい!と思う人も多いはず。実際に学生アルバイトやフリーター、パートタイマーでも年収103万円以上稼いでいる人は沢山います。

103万円の壁を越えらからあとはどれだけ稼いでも関係ない!

いえいえ、関係あります。

103万円の壁を颯爽と飛び超えると、次に立ちはだかるのが「130万円の壁」です。

このサイトは、あくまでアルバイトの求人を探すためのアドバイスをしているサイトになるので、詳しくは説明しませんよ・・・

130万円の壁を超えると

労働者自身が社会保険に加入しなければいけない

年収が130万円を超えると、両親や夫の社会保険の扶養から外れますので、自身で社会保険に加入しなければいけません。要は収入がある程度あるから両親や夫の力を借りずに自分で払え!ってことです。

(ちなみに、年収が130万円以下であっても1週間、または1日の労働時間が正社員の3/4以上であれば社会保険に加入しなければいけない)

社会保険に加入すると言うことは、健康保険と、20歳以上であれば年金を支払わなくてはいけませんので、130万~150万円付近の収入であれば、129万円の給料所得者より、手取り額が少なくなるという矛盾が発生します。

また、会社側も社会保険料を負担しなければいけないので、年収が130万円を超えそうな時は、会社は全力で止めに来るはずです。

学生は所得税がかかる

先ほど、103万円を超えると所得税がかかると言いましたが、学生であれば「勤労学生控除」で27万円の控除を受けることができるので、実質130万円までは所得税がかかりませんが、130万円を超えると学生でも所得税が徴取されることになります。

最後に

色々言いましたが、「結局、いっぱい働くだけ損じゃん!」と思われる方もいるでしょう。

しかし、国からしてみれば皆に出来るだけ多く働いて欲しいので、安倍政権の政策の一つで配偶者控除の廃止が検討されています。配偶者控除が廃止されれば103万円の壁が無くなるので、夫を持つパートタイマーの人は働きやすくなるかもしれません。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

バイト探しならマッハバイト

マッハバイト(旧ジョブセンス)では業界トップクラスの約19万件のアルバイト求人情報を掲載しています!

採用されると求職者にお金が支払われる画期的システムにより人気急上昇中!

>>求人を探す<<

20代でフリーターから正社員になる手っ取り早い方法

ジェイックでは、フリーターや社会人経験のない方を対象に希望にあった20社を紹介してもらえる就職支援サービスです。

フリーターから正社員への支援実績は14,000人以上!

無料就職講座後の就職率は約80%!説明会は私服でOK!履歴書不要!退室も自由なので気軽に参加できます。

>>公式サイトはコチラ<<

公開日: 2014年10月16日
サブコンテンツ