源泉徴収はとりあえず支払う税金

源泉徴収と聞けば「毎月給料から差し引かれるお金」と思い浮かべるので、源泉徴収に対して良いイメージを持つ人はほとんどいないでしょう。

源泉徴収とは、会社や事業主などの給料支払者が、従業員の給料を支払う際にあらかじめ所得税などの税金を差し引いて国などに納付する制度のことになります。

ここで覚えておいて欲しいこととしては、源泉徴収はあくまで仮払いだということ。

もう少し詳しく説明すると、所得税は1年間(1月1日~12月31日)の所得に対して支払われる税金で、住民税の様に年収が確定してから支払われる税金ではなく、「この月収だと年収はこれぐらいになるだろう」という予想で支払われる税金になるので、仮払いという表現になります。

また、場合によっては税金控除の恩恵を受けることができるので、源泉徴収で実際に納めなければいけない税金に比べて多く徴収される可能性があります。

ここで颯爽と登場するのが年末調整になりますが、ここで説明すると長くなるので詳しく知りたい方は、「年末調整は会社(勤務先)がしてくれる」を参照して下さい。

給料で天引きされる源泉徴収額をまとめた「源泉徴収税額表」を掲載しておきます。

この表を見てもらうと所得が増えるほど源泉徴収される金額が増えているのが分かります。また、扶養家族の有無、人数により徴収額は変わります。(扶養家族がいない人が一番不利で、扶養家族が多いほど有利になります)

月収88,000円以下であれば源泉徴収されないことが分かります。(社会保険や住民税に関しては無視しています)

ちなみに、この税額は「給料所得者の扶養控除申請書」を勤務先に提出している場合にのみ適用されます。この書類を提出していないと、給料の5%に相当する税金が徴収されることになります。詳しくは勤務先の経営者なり経理課の方に聞いてみて下さ。い。

源泉徴収額は毎年変動するので、国税庁のホームページで随時確認して下さい。(この表は2014年度のもの)

月収(社会保険料等控除後) 税額
8,8万円未満 0円
8,8万円~8,9万円 130円
8,9万円~9,0万円 180円
9,0万円~9,1万円 230円
9,1万円~9,2万円 290円
9,2万円~9,3万円 340円
9,3万円~9,4万円 390円
9,4万円~9,5万円 440円
9,5万円~9,6万円 490円
9,6万円~9,7万円 540円
9,7万円~9,8万円 590円
9,8万円~9,9万円 640円
9,9万円~10,0万円 720円
・・・ ・・・

※平成26年度の源泉徴収税額表、扶養家族が0人の場合

国税庁のホームページで詳細が掲載されているので、興味のある方は参照してみて下さい。

国税庁のホームページ(別サイト)

税金の仕組みは非常に難しいので、少しずつ理解していきましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

バイト探しならマッハバイト

マッハバイト(旧ジョブセンス)では業界トップクラスの約19万件のアルバイト求人情報を掲載しています!

採用されると求職者にお金が支払われる画期的システムにより人気急上昇中!

>>求人を探す<<

20代でフリーターから正社員になる手っ取り早い方法

ジェイックでは、フリーターや社会人経験のない方を対象に希望にあった20社を紹介してもらえる就職支援サービスです。

フリーターから正社員への支援実績は14,000人以上!

無料就職講座後の就職率は約80%!説明会は私服でOK!履歴書不要!退室も自由なので気軽に参加できます。

>>公式サイトはコチラ<<

公開日: 2014年10月15日
更新日: 2014年10月16日
サブコンテンツ