年末調整は会社(勤務先)がしてくれる

アルバイトをしていると、当然、所得を得ることになりますが、労働者は所得額に比例した税金を納めなくてはいけません。

納める税金の額は、アルバイトをしている会社や事業主が計算し、支払いに関しても給料から天引きされるので、自分の所得だったらいくら税金を納めなければいけないか?と悩むこともありません。

年末調整とは?

年末調整とは、会社や事業主がアルバイトなどの給料所得者に対して、源泉徴収された税金(毎月給料から差し引かれている税金)に対して、実際に納めなければならない税金を年末に算出してその差額を正す作業のことを言います。

初めてアルバイトをする人からしてみれば、「えっ?年末調整ってどうやってするの?自分で出来ないよ・・・」って思われるかもしれませんが、年末調整は勤務している会社で勝手にしてくれるので、何も気にする必要はありません。

ただ、年末調整を勤務先にしてもらう際は、いくつか必要な書類があります。提出書類に関しては「年末調整で勤務先に提出する書類」を参照して下さい。

何で年末調整しなければいけないの?

源泉徴収はとりあえず支払う税金」でも解説していますが、源泉徴収では、月収をベースにして1年間ではこれだけの所得を得ることができるだろう!と予測のもとに毎月の給料から税金を差し引いています。言わばフライングで税金を支払っているのです。

途中でアルバイトを辞めた場合は、予想していた年収より少なくなるので、年収に対して徴取される税金額が多くなります。また、源泉徴収では生命保険控除などの恩恵を受ける前の税金を徴取されているので、年末調整してみると、結構な額の誤差が生じる可能性があります。

差額分の税金は12月の給料で返還されるので、年末調整の知識が無い方からしてみれば「なんで12月の給料こんなに多いんだろう・・・」と思うこともあります。

低収入であれば年末調整は不要

年末調整に関して色々言いましたが、扶養家族がいない場合で、月収が88,000円以下(2014年度のデータ)であれば源泉徴収(税金が天引きされない)されないので、年末調整の必要もありません。

参考に、月収88,000円だと、時給900円のアルバイトであれば、月97時間(1日5時間労働であれば19日)も働いても税金(所得税)は引かれないことになります。

※社会保険や住民税に関しては無視しています

スポンサーリンク
スポンサーリンク

バイト探しならジョブセンス

ジョブセンスでは業界トップクラスの約14万件のアルバイト求人情報を掲載しています!

採用されると求職者にお金が支払われる画期的システムにより人気急上昇中!

>>求人を探す<<

20代でフリーターから正社員になる手っ取り早い方法

ジェイックでは、フリーターや社会人経験のない方を対象に希望にあった20社を紹介してもらえる就職支援サービスです。

フリーターから正社員への支援実績は14,000人以上!

無料就職講座後の就職率は約80%!説明会は私服でOK!履歴書不要!退室も自由なので気軽に参加できます。

>>公式サイトはコチラ<<

公開日: 2014年10月15日
更新日: 2014年10月16日
サブコンテンツ