失業手当を貰うには雇用保険が必要

失業保険(失業手当)は失業者に対して支払われる保険になりますが、失業者であれば誰でも支給される訳ではありません。

当サイトは、アルバイト探しを応援するサイトになりますので、失業保険に対して詳しく説明するつもりはありませんが、失業手当を貰うための条件ぐらいは掲載しておきたいと思います。

私も、会社を退職した際に失業保険にお世話になった失業者の一人ですが、失業手当は、失業者に対して本当に有り難い存在です。

しかし、その反面、何の知識も無いまま、ハローワークの失業手当の給付手続きに行って、給付資格に該当しなくて泣き寝入りする人が後を絶ちません。

ハローワークで失業手当を貰うには、「失業手当を貰う条件を満たす」と「失業保険を貰う為の行動を起こす」の、大きく分けて二つの壁を越えなければいけません。

ここでは、失業手当を貰う為の条件について解説していきます。

失業手当を貰う条件

雇用保険に加入している

勤めていた会社が雇用保険に加入していなければいけません。

自分が雇用保険に加入していたか分からない場合は、給料明細を見て下さい。雇用保険料が天引きされていれば雇用保険に加入していたことになります。

雇用保険の加入期間が退職前の2年間の間に12ヶ月以上あること

雇用保険に加入していても、加入期間が退職前の2年間の間に12ヶ月以上なければ失業手当を支給してもらうことはできません。

これは、一つの会社でなくても、複数の勤務先で合計して12ヶ月以上あれば大丈夫です。

失業の状態にあること

失業の状態」とは、就職する気持ちがある、いつでも働ける状態です。なので、ケガや出産などですぐに就業できない場合や、働く気のないニートなどは失業手当を受け取る権利はありません。

詳しくはハローワークにお問い合わせください。

会社が雇用保険に加入していなければどうなるの?

雇用保険の加入条件を満たしていたにも関わらず、会社が加入手続きを怠っていた場合でも、加入条件を満たしていれば、原則2年間に限って遡って加入できることになっていますで、安心して下さい。

何故、加入しないの?

従業員を1名でも雇っている事業主(会社)であれば、事業主は必ず雇用保険に加入しなければいけません。

それにも関わらず加入していない理由の多くは「保険料の支払いを渋っている」からです。事業主は従業員の雇用保険料の一部(従業員の給料の8.5/1000)を負担しなければいけませんので、その保険料を払う余裕のない事業主は支払いをしない為に、加入していないことがあります。

勿論、法律違反になるので、許されることではありません。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

バイト探しならマッハバイト

マッハバイト(旧ジョブセンス)では業界トップクラスの約19万件のアルバイト求人情報を掲載しています!

採用されると求職者にお金が支払われる画期的システムにより人気急上昇中!

>>求人を探す<<

20代でフリーターから正社員になる手っ取り早い方法

ジェイックでは、フリーターや社会人経験のない方を対象に希望にあった20社を紹介してもらえる就職支援サービスです。

フリーターから正社員への支援実績は14,000人以上!

無料就職講座後の就職率は約80%!説明会は私服でOK!履歴書不要!退室も自由なので気軽に参加できます。

>>公式サイトはコチラ<<

公開日: 2014年10月22日
サブコンテンツ