学生は年金を支払わなくて良い?

年金はじいさん・ばあさんが貰えるお金」でも解説していますが、20歳を超えれば年金の支払い義務が発生します。

これは、サラリーマンは勿論、アルバイトでも派遣社員でも専業主婦でも無職でもお構いなしに支払わなくてはいけません。そして、それは学生も例外ではありません。

しかし、学生の多くは学業が目的であり、仕事をすることが目的ではありません。なので、そんな学生に年金を払って老人を援助しろ!って言うのはあまりに酷ですよね。

そんな学生さんに朗報です。

学生を対象に「学生納付特例」と呼ばれる特例を受けることができます。

学生納付特例とは?

学生納付特例とは、年金の支払いが困難な所得の少ない学生の為に作られた特例制度で、国民年金の保険料の納付を猶予される制度のことです。

免除ではない

学生納付特例は決して保険料が免除になる訳ではありません。

あくまで、猶予(後のばし)されるだけなので、承認されてから10年以内に保険料を納めなければ、将来貰える年金が減額されてしまいます。まー、10年も猶予があれば、バリバリ働いていると思うので、納付できますよね。

ただ、3年目以降は加算金がかかるので、学生でも年金を支払う経済的な余裕があれば、学生納付特例を使わずに、先に支払っておいた方が良いです。

学生と言っても誰でも学生納付特例を受けれる訳では無い

んじゃー、私も英会話教室に通っているので特例を受けれるわ!」と言い出しそうですが、学生と言っても誰でもこの特例を受けれる訳ではありません。

学生として認められるのは、大学(院)、短大、高等学校、高等専門学校、専修学校のいずれかです。更に以下の条件を満たさなければいけません。

  • 学生本人の前年所得が118万円以下(目安)である
  • 障害者、または寡婦であって、前年の所得が125万円以下
  • 失業、天災などにあったことが確認できる など

学生で、上記のいずれかに該当する人は学生納付特例を受けることができます。

もう少し詳しく説明すると、所得に関しては、「118万円+扶養親族の数×38万円+社会保険料控除など」が対象になります。

学生は118万円が目安と言ったのは、学生の多くが扶養親族(養っている人)がいないし、社会保険にも加入していないので基礎金額の118万円としています。なので、扶養親族がいる学生や社会保険に加入している学生であれば、この対象所得額は変わってきます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

バイト探しならジョブセンス

ジョブセンスでは業界トップクラスの約14万件のアルバイト求人情報を掲載しています!

採用されると求職者にお金が支払われる画期的システムにより人気急上昇中!

>>求人を探す<<

20代でフリーターから正社員になる手っ取り早い方法

ジェイックでは、フリーターや社会人経験のない方を対象に希望にあった20社を紹介してもらえる就職支援サービスです。

フリーターから正社員への支援実績は14,000人以上!

無料就職講座後の就職率は約80%!説明会は私服でOK!履歴書不要!退室も自由なので気軽に参加できます。

>>公式サイトはコチラ<<

公開日: 2014年10月18日
サブコンテンツ