アルバイトでも雇用保険に加入できる

失業保険で利用する機会の多い雇用保険ですが、アルバイトであってもパートタイマーであっても給料所得者であれば誰でも加入する権利を得ることが出来ます。

・・・と言うか、条件を満たせば必ず加入しなければいけません。

そもそも雇用保険とは?

雇用保険とは、雇用保険法で「労働者が失業したり、雇用の継続が困難になったときの生活の安定を図り、また就職を促進したりすることを目的にした法律」と明記されています。

私たち労働者が、一番身近にあるのが失業保険(基本手当、就業手当、再就職手当など)になりますが、その他にも、育児や介護で仕事を休業する時に給付される「育児休業給付」や「介護休業給付」なども雇用保険から支給されます。

では、雇用保険の加入条件を見ていきましょう。

  • 1週間の所定労働時間が20時間以上であること
  • 31日以上の雇用見込みがあること

上記の条件に該当する労働者は、事業所の規模に関わらず、原則として、全て雇用保険の被保険者となります。

健康保険に比べると、加入の条件はかなり緩いですよね。

アルバイトでも短期バイトや、週末のみの学生アルバイトの方は少々厳しいですが、パートタイマーやフリーターであれば難なくクリアできるでしょう。

加入手続きってどうやってするの?

雇用保険の加入手続きは事業主(会社)が行ってくれるので、何も気にする心配する必要はありません。

保険料はいくら?

雇用保険の保険料は、収入の5/1000(0.5%)なので、収入が月15万円であれば、雇用保険料は月750円なので、それほど負担にならない額ですね。

ちなみに、会社も8.5/1000を負担してくれます。会社の方が負担率が多いんですね・・・

スポンサーリンク
スポンサーリンク

バイト探しならマッハバイト

マッハバイト(旧ジョブセンス)では業界トップクラスの約19万件のアルバイト求人情報を掲載しています!

採用されると求職者にお金が支払われる画期的システムにより人気急上昇中!

>>求人を探す<<

20代でフリーターから正社員になる手っ取り早い方法

ジェイックでは、フリーターや社会人経験のない方を対象に希望にあった20社を紹介してもらえる就職支援サービスです。

フリーターから正社員への支援実績は14,000人以上!

無料就職講座後の就職率は約80%!説明会は私服でOK!履歴書不要!退室も自由なので気軽に参加できます。

>>公式サイトはコチラ<<

公開日: 2014年10月22日
サブコンテンツ