結婚したら保険料を払わなくてもいい?

まず最初に、この記事は、主に結婚した、またはこれから結婚予定の「女性」に向けた記事になります。

結婚することで、夫と共に生活するだけではなく、条件を満たせば夫の扶養に入ることができます。

では、ここでは結婚した場合に、「所得税・住民税」「健康保険」「年金保険」がどうなるのかを考えていきたいと思います。

所得税・住民税

結婚して専業主婦になるぞ!うふっ」って考えてらっしゃる人には関係ありませんが、結婚しても共働きで頑張って働く方は、年収(給料所得)が103万円以下であれば、夫の扶養になることができるので、夫の所得税や住民税が安くなります。

健康保険(医療保険)

夫が社会保険に加入していれば(サラリーマンはほぼ加入している)、当然、健康保険にも加入しています。夫の会社に「被扶養者届」を提出することで、夫の健康保険を利用することができるので、あなたは保険料を支払わなくても良いのです。尚、夫の健康保険料はそのままです。

しかし、共働きの場合、あなたの年収が130万円を超えると扶養から外れてしまい自身で社会保険に加入しなければいけませんので、注意が必要です。

年金保険

年金に関しては少々話がややこしくなりますが、結婚して夫の扶養に入ることにより、最も恩恵を受けることができるのが、この年金かもしれません。

結婚して夫の扶養になることにより、嫁であるあなたは「国民健康保険」に加入することになりますが、この保険料が無料になるんです。ちなみに2014年度の国民健康保険料は月額15,040円です。

ちなみに、その保険料は厚生年金の保険料や、公務員が加入する共済年金の掛金でまかなわれています。

老後の保障は厚生年金ほど分厚くありませんが、掛金無料で貰えるならどう考えたって得ですよね。

手続きをキチンとしよう

結婚して夫の扶養になる条件を満たせば、自動的に扶養に入れる訳ではありませんので、手続きをキッチリ忘れない様にしましょう。

離婚したら・・・

離婚すると、夫の扶養から外れますので、独身の頃と同じように自分で保険料を支払わなくてはいけません。当然ですよね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

バイト探しならマッハバイト

マッハバイト(旧ジョブセンス)では業界トップクラスの約19万件のアルバイト求人情報を掲載しています!

採用されると求職者にお金が支払われる画期的システムにより人気急上昇中!

>>求人を探す<<

20代でフリーターから正社員になる手っ取り早い方法

ジェイックでは、フリーターや社会人経験のない方を対象に希望にあった20社を紹介してもらえる就職支援サービスです。

フリーターから正社員への支援実績は14,000人以上!

無料就職講座後の就職率は約80%!説明会は私服でOK!履歴書不要!退室も自由なので気軽に参加できます。

>>公式サイトはコチラ<<

公開日: 2014年10月18日
更新日: 2014年10月22日
サブコンテンツ