労働者は労災保険に必ず加入する

労働者が加入する保険は様々ありますが、その中でも「労災保険」は正社員であれ、アルバイトであれ、派遣社員であれ全ての労働者(正確には給料所得者)が加入しなければいけない保険です。

なので、よく「俺はアルバイトだから労災保険に加入しなくてもいい!」と言っている人がいますがそれは大きな間違いで、保険全般に言えることですが、労働者が加入するしないの判断をすることができません。

労災保険はあなたを守る

労災保険は、「労働者災害補償保険法(労災保険法)」で定められている制度で、仕事中や通勤中に起きた事故や病気に対して、補償してもらえる保険になります。

具体的には、これらが原因で通勤できなくなった場合は、休業補償給付として給料の80%、療養補償給付として治療費の全額を補償できます。

障害が残った場合や死亡してしまった場合も労災保険で補償できますが、かなり例外的なので割愛させていただきます。

保険料は何と無料!

労災保険は無料で加入出来るのです。厳密に言えば会社(事業主)が加入して全額負担しているので、労働者の負担は無いんです。

無料でここまで分厚い補償を受けることができるので、労災保険は数ある保険の中でも最も使える保険かもしれません。

労災保険に加入していない事業所が多い

労災保険は1人でも従業員がいる会社(事業主)であれば必ず加入しなければいけません。しかし、故意や認識不足によって労災保険の加入手続きをしていない会社もあります。(もちろん違法です)

もし勤務している会社が労災保険に加入していなければ労働者は治療費などを自腹で払わなければいけないの?」と思われるかもしれませんが、会社が加入手続きをしていない場合は、労働基準監督署に給付請求して審査で認められればそこから補償を受けることができます。

労働者には関係ない話になりますが、その場合、会社にはペナルティーを科せられることになります。

特に現場作業をしている労働者は労災保険を使う機会が多いので、労災保険の内容をキチンと理解しておきましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

バイト探しならマッハバイト

マッハバイト(旧ジョブセンス)では業界トップクラスの約19万件のアルバイト求人情報を掲載しています!

採用されると求職者にお金が支払われる画期的システムにより人気急上昇中!

>>求人を探す<<

20代でフリーターから正社員になる手っ取り早い方法

ジェイックでは、フリーターや社会人経験のない方を対象に希望にあった20社を紹介してもらえる就職支援サービスです。

フリーターから正社員への支援実績は14,000人以上!

無料就職講座後の就職率は約80%!説明会は私服でOK!履歴書不要!退室も自由なので気軽に参加できます。

>>公式サイトはコチラ<<

公開日: 2014年10月16日
更新日: 2014年10月22日
サブコンテンツ