スキー場レンタル係のバイトは責任重大!(仕事内容)

レンタル係

レンタル係の主な業務は、スキーやスノーボード用品の貸し出し、返却業務です。

レンタルをしにくるお客さんのほとんどが初心者なので、用具についてお客様から質問を受けたり、助言を求められたりすることも多くあります。

何を借りたら良いか分からないお客様には、体形やレベルから、こちらのものをとお勧めすることもします。時にはお客様の安全のために、貸し出す用具について、やんわりと意見を言わなければいけないこともあるかと思います。

お話をしていて、お客様よりも自分の方が知識が多く、正しいと思っても、生徒さんではなくお客様なので、貴方が良いと思うことを押し付けないことが大切です。

レンタル係は用具の貸し出しが主な仕事になりますが、用具のメンテナンスもまた重要な仕事です。

壊れていたら直すのはもちろんのこと、スキー板やボードであればワックスがけ、ウェアや靴であれば乾燥といった具合に、返却された用具は次の方に貸し出す前に必ず必要なケアをします。

そして、次の方も安全に、かつ、楽しくスキーなり、スノーボードなりを楽しめるようにします。

仕事が忙しいのは朝と夕方です。朝は貸出、夕方以降は返却です。週末や、団体客がある時は目の回るような忙しさになります。

そのような時でも、他のスタッフとよくコミュニケーションをとり協力し合って、お客様をひどく待たせることなく、業務遂行をすることが求められます。

レンタル係のアルバイトをする良い点

昼間は思いっきり滑れる

先ほども言いましたが、レンタル係が忙しいのは朝と夕方です。昼間はほとんどのお客さんがゲレンデで遊んでいるので、昼休憩をかなり長くとることができます。

パトロールやリフト係などは、休憩中でも待機していつでも動ける状態にしておかなければいけませんが、レンタル係は完全フリーになるので昼間は思いっきり滑ることができます。

和気あいあいと仕事ができる

チケット売り場やインフォメーションに比べると、和気あいあいとした楽しい雰囲気の中で仕事ができるので、お客さんやスタッフと雑談しながら楽しく仕事をすることができます。

商品知識や技術が身につく

スキーやスノーボードに関する知識が付くのはもちろん、レンタル用品のワックスがけを何本も行うので技術も身に付きます。

レンタル係のアルバイトをする悪い点

特に朝は忙しい

朝一は多くのスキー客がレンタルしにくるので、かなり忙しくなります。かと言って時給が上がる訳ではないので、割に合わないと感じる方も多いです。

一つのミスが重大事故につながる

時にはお客さんが滑りやすいように、ビンディングの調整を行うこともあり、もしビスの締めてしまうと、滑走中にビスが取れてビンディングが板から離れてしまい重大な事故を引き起こしてしまう可能性があります。

スタッフの過失として認められれば損害賠償の全額、もしくはその一部を負担しなければいけなくなる可能性があるので、特にビンディングの取り付けに関しては細心の注意を払わなければいけません。

クレームが多い

レンタルされたものが合わない」「板が全然滑らない」など、何かとクレームが多い職場です。

スタッフの過失のもは怒られても仕方ないですが、明らかに理不尽なクレームを受けることもあるんので精神的に辛くなることもあります。

どんなアルバイトが働いているの?

男女比率は同じぐらいですが、やはり若い方が多いです。

スキーやスノーボードの知識に長けた方が多く、もう何年も同じショップで働いているベテランさんも多いです。

どれぐらい稼げるの?

時給900~950円程です。スキー場バイトの他の職種とさほど変わりありません。

スキー場の求人を効率よく探す方法

「はたらくどっとこむ」では、全国各地のリゾート地の住み込みアルバイトを多数紹介しています。

リゾート地専門の派遣会社の中では日本最大級のネットワークがあり、クライアント数・案件数・登録者数も全国トップクラスです。

求人を見る
スポンサーリンク
スポンサーリンク

バイト探しならジョブセンス

ジョブセンスでは業界トップクラスの約14万件のアルバイト求人情報を掲載しています!

採用されると求職者にお金が支払われる画期的システムにより人気急上昇中!

>>求人を探す<<

20代でフリーターから正社員になる手っ取り早い方法

ジェイックでは、フリーターや社会人経験のない方を対象に希望にあった20社を紹介してもらえる就職支援サービスです。

フリーターから正社員への支援実績は14,000人以上!

無料就職講座後の就職率は約80%!説明会は私服でOK!履歴書不要!退室も自由なので気軽に参加できます。

>>公式サイトはコチラ<<

公開日: 2016年11月5日
サブコンテンツ