プール監視員は夏休みバイトの決定版(仕事内容)

プール監視員

夏らしいアルバイトです。巡回、危ない行為や禁止行為をする人への注意、ことが起これば時の救護活動に従事します。

人は溺れかかると必死にしがみつきますし、意識を失った人は、思いの外、重いです。そのため、プール監視員は若い男性中心の仕事というイメージですが、実際は色々な年代の方が働いており、もちろん女性も活躍しています。

プール監視員のアルバイトをする良い点

夏休みに集中して働ける

プール監視員は、基本的に夏限定のアルバイトです。

学生の方などは長期休暇のうちに、集中してアルバイトをしたいという人も、多いのではないでしょうか。中でも夏休みはまとまったお金を稼ぐのにはもってこいの時期です。

プール監視員は人の命を守る仕事なので、厳しさもありますが、短期限定であれば大したことありません。

友達が増える

プール監視員の短期バイトをしているほとんどが学生なので気も合いやすいですし、バイトが終わってから皆で遊びに行く機会も多いです。

プール監視員をしている人は、もともと人と接することを苦にしない人が多いです。また、プールは暗い気持ちの人が来るところではありません。

みんな、親しい人と楽しく遊びに来るところです。人間は環境に影響される生き物なので、楽しそうにしている人たちに囲まれていれば、気分も自然に上がってきます。

恋人ができやすい

先ほども言いましたが、プール監視員のスタッフは若者ばかりなので、男女の出会いの場としては最適です。

救護活動の知識を得ることができる

プール監視員をなるとなれば、救護活動の知識を事前研修などで学びます。

救護活動の知識があれば、万が一の場面に出くわした時、人助けをすることができるだけでなく、これから就職活動をする方であれば、人とはちょっと違った知識の持ち主ということで自己アピールポイントとして使えます。

プール監視員のアルバイトをする悪い点

数年後、シミが出る可能性が大

どんなに一生懸命、日焼け止めを塗っても、一日中、炎天下にいれば、日焼けします。

日焼けそのものは時間と共に落ち着きますが、数年後、シミとなって影響を及ぼす可能性があります。

シミは簡単にできるのに、簡単に消せません。どうしてもシミを作りたくないという人は他の仕事の方についた方が良いかもしれません。

接客が大変

危険な行為をしている人を見つけたら、プール監視員は注意をしなければいけません。

しかし、そのような行為をする人はその行為自体を楽しんでいたり、良いところを見せようとしてしている場合があります。

すると、面子をつぶされたと思うのか、逆切れしてくる人もいます。

ぐったり疲れる

一見、楽そうに見える仕事ではあるのですが、プール監視員は油断をすれば熱中症に陥ることもある仕事です。

また、お客さんの命がかかっているので、油断することができません。そのため、心身ともにかなり疲れます。

どんなアルバイトが働いているの?

夏のみの短期バイトで働いている従業員の9割以上が10代~20代の若者です。

30代40代の方でも体力に自信があれば問題なく働くことは可能ですが、若者のノリの中で働くことになるので、年齢を重ねるほど精神的に働きにくい雰囲気はあります。

(私は30代男性ですが時給2,000円もらっても働きたくありません・・・)

ちなみに先ほども言いましたが、人の命を預かる仕事になるので、高校生を雇っている施設はあまり多くありません。

どれぐらい稼げるの?

施設によりピンキリですが、時給800円~高くても1,000円程です。命を預かる仕事って考えれば低いですよね。

毎年同じ施設で働いていれば、時給がアップすることもあります。

ちなみに高校生だと50円~100円程は少なくなります。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

バイト探しならジョブセンス

ジョブセンスでは業界トップクラスの約14万件のアルバイト求人情報を掲載しています!

採用されると求職者にお金が支払われる画期的システムにより人気急上昇中!

>>求人を探す<<

20代でフリーターから正社員になる手っ取り早い方法

ジェイックでは、フリーターや社会人経験のない方を対象に希望にあった20社を紹介してもらえる就職支援サービスです。

フリーターから正社員への支援実績は14,000人以上!

無料就職講座後の就職率は約80%!説明会は私服でOK!履歴書不要!退室も自由なので気軽に参加できます。

>>公式サイトはコチラ<<

公開日: 2016年5月18日
サブコンテンツ