食品工場はライン作業が中心(仕事内容)

工場内

食品工場と言っても、コンビニの惣菜の盛り付け、チョコレートの加工、ファミレスの調理で使う食材のパック詰め、クリスマスケーキの仕分けなど、様々な仕事内容が存在します。

食品工場での仕事内容は、基本的にはベルトコンベアーに立って盛り付けなどのライン作業(流れ作業)が中心になります。常に清潔に保たなければいけませんので、清掃時間が長いのも特徴です。

食品工場でアルバイトをする良い点

作業が単純

食品工場と言っても色々な仕事内容がありますが、基本的に簡単なライン作業(流れ作業)になるので、一度作業を覚えてしまえば、後は特に頭を使うことなく難なく仕事をこなすことができます。

未経験でも採用されやすい

先ほども言いましたが、作業が単純なのでアルバイト未経験の人でも採用されやすいです。採用の際にスキルを求められることは、ほとんど無いと言っても良いでしょう。

また、夏休みや冬休みなどに大量募集していることが多く、友達同士の応募でも採用されやすいです。

実際に私が高校生の時に初めてアルバイトをしたのも食品工場です。

女性が働きやすい

製造業では珍しく力仕事があまりないし、職場も綺麗なので女性にとっては働きやすいです。

食品工場でアルバイトをする悪い点

常に清潔にしなければいけない

食品に異物が混入しない様に、仕事をする際は、作業着を着て耳まで隠れる帽子をかぶり、長靴を着用しなければいけません。

仕事場に行く際は、十分に手洗いをして、作業着にホコリを取るためにエアーを浴びなければいけません。職場によっては社員が一人一人チェックするので凄く面倒です。しかも就業時間が始まるまでに、これらを終えておかなければいけません。

また、長髪やヒゲは衛生面から不採用になる可能性がありますので注意して下さい。

時給が安い

誰にでも出来る単純作業が多くなるので、時給は安くなりがちです。

但し、パートのおばちゃんが一斉に休む「年末年始」や、その食品が良く売れる繁忙期(ケーキであれば12月など)だと、時給が跳ね上がる場合もあります。これらを狙って短期バイトで一気に稼ぐのも一つの手です。

自由度に休憩できない

基本的にライン作業になるので、周りのペースに合わせなければいけません。途中で勝手にトイレに行けないし、休憩することもできません。

また、自分の前の工程の人が張り切っていると、自分もそのペースに合わせなければいけないので協調性の無い人にとっては苦痛かもしれません。

どんなアルバイトが働いているの?

平日は主婦のおばちゃん休日は学生が中心になります。私も休日に食品工場でアルバイトをしていましたが、色々な学校の子がいっぱいいて、学校みたいで楽しかった思い出があります。

と言っても、休日でも一部のおばちゃんは出勤しているので、上手くコミュニケーションを取っておかないと、仲間外れにされる可能性もあります(笑)

男女比で言えば、女性の方が多い傾向にあります。

どれぐらい稼げるの?

一般的な時給は700円~高くても1,000円程と、決して稼げるアルバイトではありません。

1日のタイムスケジュールの例

9:00 ラジオ体操
9:05 朝礼(ミーティング)
9:10 掃除
9:20 作業に使う食品を用意する
9:30 ライン作業開始
12:00 昼食
12:45 ライン作業再開
14:30 小休憩
14:45 ライン作業再開
16:15 片づけ
16:30 掃除
17:00 バイト終了

 

※ここで解説していることはあくまで一例なので、全てで当てはまるとは限りません

スポンサーリンク
スポンサーリンク

バイト探しならマッハバイト

マッハバイト(旧ジョブセンス)では業界トップクラスの約19万件のアルバイト求人情報を掲載しています!

採用されると求職者にお金が支払われる画期的システムにより人気急上昇中!

>>求人を探す<<

20代でフリーターから正社員になる手っ取り早い方法

ジェイックでは、フリーターや社会人経験のない方を対象に希望にあった20社を紹介してもらえる就職支援サービスです。

フリーターから正社員への支援実績は14,000人以上!

無料就職講座後の就職率は約80%!説明会は私服でOK!履歴書不要!退室も自由なので気軽に参加できます。

>>公式サイトはコチラ<<

公開日: 2014年11月4日
更新日: 2015年6月20日
サブコンテンツ