コールセンター業務はストレスが溜まる(仕事内容)

コールセンター業務

コールセンター業務には、大きく分けると受信業務(インバウンド)と発信業務(アウトバウンド)の二つの仕事内容があります。

受信業務は、お客様の方から電話してくるので、主に購入した商品の使い方や修理サポート、クレーム対応がメインになります。

お客さんの愚痴を淡々と聞かなればいけないのでストレスは溜まります。

一方、発信業務はこちらから電話をかけるので、主に商品の紹介や販売を行う仕事がメインになります。

営業的な仕事になるのでノルマが課せられることが多くプレッシャーを感じる仕事です。

どちらも楽な仕事ではありませんが、圧倒的に発信業務の方が離職率が高いです。

コールセンターのアルバイトをする際は、その仕事が受信業務なのか発信業務なのかを事前に確認しておきましょう。

コールセンターのアルバイトをする良い点

時給が高い

コールセンター業務の時給は安い所でも時給1,000円以上はあるのが普通です。

特別なスキルを要さずに出来るアルバイトでこれだけ時給が高いアルバイトってなかなかないですよ。

対応能力が身に付く

電話対応は対面接客と違ってお客さんの顔が見えないので、電話だけでコミュニケーションを取ることって結構難しいです。

その点コールセンターでは、当然ですがひたすら電話対応をするので、電話対応やクレーム処理など事務職にはかかせない能力が自然と身に付きます。

綺麗な言葉遣いも身に付くので、これから社会が活躍する予定の学生さんにはオススメできるアルバイトと言えるでしょう。

個人的にはコールセンターでアルバイトをする一番のメリットだと思います。

服装や髪型が自由

お客さんと対面する訳では無いので、基本的にどの会社でも服装や髪型は自由です。

コールセンターのアルバイトをする悪い点

精神的にしんどい

受信業務はクレーム処理がメインになるのでとにかくストレスが溜まります。特に自分が悪い訳ではないのに怒られるって体験してみると想像以上にこたえます・・・

発信業務はノルマが課せられることが多く、それをプレッシャーに感じて辞めていく人も多いです。

会話内容が録音されるので適当なことは言えないし、仕事が慣れるまでは精神的に辛く感じるでしょう。

ですので、責任感が強くて真面目過ぎる人よりは、適度に手を抜いて人の話を聞き流せる人の方が向いているかもしれませんね。

研修が十分に行われない会社が多い

コールセンターの仕事は常に人手不足なので仕方がない部分もありますが、ほどんど研修をせずにいきなり実践みたいなむちゃブリを要求する会社があります。

休憩が取りにくい

休憩できる人数が決められている場合が多いので、決められた休憩時間以外でトイレに行ったりタバコを吸いに行ったりなどしにくい環境です。

休憩できる場合でも上司の許可がいる場合がほとんどなので、気軽に休憩はとりにくいです。

どれぐらい稼げるの?

時給は1,000円程度から1,500円以上支給している職場も多数あります。

但し、時給の高い職場の大半は発信業務なので、それなりの覚悟はしておかなければいけません。

どんなアルバイトが働いているの?

服装や髪型が自由でもいい会社が多いので、学生やフリーターなど若者が多いです。

男女比で言うと女性の方が圧倒的に多いので、男性は肩身が狭い覆いをする可能性があります。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

バイト探しならマッハバイト

マッハバイト(旧ジョブセンス)では業界トップクラスの約19万件のアルバイト求人情報を掲載しています!

採用されると求職者にお金が支払われる画期的システムにより人気急上昇中!

>>求人を探す<<

20代でフリーターから正社員になる手っ取り早い方法

ジェイックでは、フリーターや社会人経験のない方を対象に希望にあった20社を紹介してもらえる就職支援サービスです。

フリーターから正社員への支援実績は14,000人以上!

無料就職講座後の就職率は約80%!説明会は私服でOK!履歴書不要!退室も自由なので気軽に参加できます。

>>公式サイトはコチラ<<

公開日: 2015年3月29日
更新日: 2016年1月17日
サブコンテンツ