カフェの店員は覚えることが多いので大変(仕事内容)

大学生など若者を中心に人気のあるアルバイトの一つであるカフェ店員。

カフェ店員の仕事内容は大きく分けて「ホールスタッフ」と「厨房スタッフ」に分かれます。

ホールスタッフの主な仕事内容としては、お客さんの誘導、注文取り、商品の提供、レジ清算など接客業務全般になります。

料理を片付けたりテーブルを拭いたりなどの清掃業務や、POPを作成したり店内のレイアウトを考えるのもホールスタッフの仕事です。

ホールスタッフはお客さんから見える位置で仕事をするので想像しやすいと思います。

一方、キッチンスタッフは提供する料理の下準備や調理、洗い物などがメインになります。

カフェって基本的に軽食しか扱っていないので一般の飲食店の様に料理をがっつり作り機会はあまりなく、どちらかと言えばアイスコーヒーの抽出とホイップクリームを作ったりなどドリンクを作る作業がメインになります。

カフェでアルバイトをする良い点

肉体的にはかなり楽

居酒屋やファミレスに比べると、慌ただしく動き回ることも少ないので、肉体的にはかなり楽なアルバイトと言えます。

特に大手チェーン店だとセルフサービスのお店が増えてきているので、店員にかかる負担は少ないです。(その分、アルバイトの数も少ないので仕事の負担としはそれほど変わらないが・・・)

接客の基本が学べる

ホールスタッフ関しては、お客さんと接する機会が多くなるので、アルバイトと言えどそれなりの接客力がなければいけません。

特に、他の飲食業に比べると安らぎを求めるお客さんが多いので、店内の雰囲気作りが重要になります。

アルバイトでも責任ある仕事が出来る

飲食業全般に言えることですが、特にカフェ店員はスタッフの数がそれほど多くないこともあり、責任ある仕事をアルバイトに任せる機会が多いのでやりがいがあります。

カフェでアルバイトをする悪い点

覚えなければいけないことが多い

チェーン店など皆さんが知っているある程度大きな規模のカフェであれば、ホールと厨房のスタッフがそれぞれ分かれており、仕事も分業化しているので覚えることはそれほどありません。

ただ、個人経営の小さなカフェであれば、レジ業務から注文取り、調理や洗い場まで、全ての業務をまんべんなく覚えなければいけないので、意外と大変です。

特にお洒落なカフェだと、ドリンクの種類だけで数十種類あるので、コーヒーマシンの使い方、ドリップの仕方など作り方を覚えるだけでも大変です。

時給が安い

カフェ店員は比較的時給が安いので、ガッツリ稼ぎたい方には向いていません。

男性は働きにくい

男性は働きにくいと言うか男性は採用されにくいです。

どんなアルバイトが働いているの?

お店の雰囲気によって働いているアルバイトの年齢層が違うので何とも言えませんが、若い女性が働いている割合が多いです。

個人経営の小さなカフェ(喫茶店)の場合、オーナーの子供や知り合いがアルバイトとして働いているパターンも多いです。

私も以前、喫茶店で働いたことがありますが、自分以外全員オーナーの親族だったのでかなり仕事がやりづらかった思い出があります(笑)

どれぐらい稼げるの?

都心の大手チェーン店だと時給1,000円ぐらいのカフェもありますが、だいたい時給800~900円程度と他の飲食業に比べると低い水準になります。

時給が安い理由として、比較的仕事が楽なのと、人気のあるアルバイトになるのでわざわざ時給を上げる必要も無いことが理由として挙げられます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

バイト探しならジョブセンス

ジョブセンスでは業界トップクラスの約14万件のアルバイト求人情報を掲載しています!

採用されると求職者にお金が支払われる画期的システムにより人気急上昇中!

>>求人を探す<<

20代でフリーターから正社員になる手っ取り早い方法

ジェイックでは、フリーターや社会人経験のない方を対象に希望にあった20社を紹介してもらえる就職支援サービスです。

フリーターから正社員への支援実績は14,000人以上!

無料就職講座後の就職率は約80%!説明会は私服でOK!履歴書不要!退室も自由なので気軽に参加できます。

>>公式サイトはコチラ<<

公開日: 2015年7月19日
サブコンテンツ