居酒屋の店員は酔っ払いに注意すべし(仕事内容)

お酒一覧

アルバイトの求人の中でも、良くあるのが居酒屋の店員です。居酒屋は繁華街を中心に無数にあるので、求人も多いのは当然ですが、離職率が高いのも特徴です。

居酒屋の仕事は大きく分けて「ホールスタッフ」と「キッチンスタッフ」に分かれており、それぞれで仕事内容が異なります。

ホールスタッフは、店内での接客業務がメインになります。具体的には、オーダーを聞いたり、料理を提供したり、レジ業務、掃除もホールスタッフの仕事になります。お金の管理以外は、正社員もアルバイトも仕事内容はほぼ同じです。

ホールスタッフに関しては、実際に居酒屋にお客さんとして行けば働きぶりを見る機会も多いので想像しやすいと思います。

一方、キッチンスタッフは、調理場が仕事場になります。

皿洗いから始まり、盛り付けや冷凍食品の解凍など、料理を提供する仕事を行います。お客さん側から見えない場所で仕事をするので、仕事内容が分かりにくいかもしれません。

大抵の場合は、面接時や応募時にどちらをやりたいのか聞かれます。時給はとちらもそれほど大差が無いので、接客業が好きな人はホールスタッフ、料理が好き、または接客業が苦手な人はキッチンスタッフを選べば良いと思います。

ただ、個人営業など小さな居酒屋では、どとらもこなさなければいけません。

居酒屋でアルバイトをする良い点

学生や掛け持ちバイトには最適な勤務時間

居酒屋の営業時間は、午後5時ぐらいから翌5時までなど、学生や掛け持ちをしているフリーターには最適な勤務時間になるので働きやすいです。

食事補助が有り難い

飲食業全般に言えることですが、ある程度長時間勤務をすれば食事補助が付いてくるので、一人暮らしのアルバイトには有り難いですよね。

深夜手当が付く

夜10時以降であれば、深夜手当(25%アップ)が付くので、収入はアップします。

シフトの融通が利きやすい

お店により異なりますが、自分の入りたい日に自由に出勤できる場合が多く、時間の融通が利きやすいです。

正社員になりやすい

飲食業全般に言えることですが、特に居酒屋ではアルバイトから正社員になりやすいです。

居酒屋でアルバイトをする悪い点

帰宅時間が遅くなる

居酒屋の特性上、営業時間が終電付近、場合によっては翌日の始発付近まで営業しているので、当然閉店まで働かなければいけない状況も起こりうるので、帰宅時間が遅くなります。

特に女性は、帰宅時の防犯には細心の注意を払わなければいけません。

とにかく忙しい

居酒屋に行ったことがある人は、店員の仕事ぶりを見てもらえば分かると思いますが、金曜や土曜など、お客さんが集中しやすい時期や時間帯は激務です。

酔っ払いの相手をしなければいけない

居酒屋なので、ファミレスやカフェと違って、酔っ払いが多くお客さんの質も悪いです。

女性であればセクハラに遭う可能性も高いし、男性であれば暴力を振るわれる可能性もあります。

どんなアルバイトが働いているの?

学生や10代~20代の若者がほとんどですね。

友達同士で働いてるパターンも多いので活気があります。

どれぐらい稼げるの?

居酒屋の時給は1,000円前後で他の飲食業に比べると高めに設定されていることが多いです。

しかも、夜10時以降であれば深夜手当が支給されるので、更に時給はアップします。

働く時間も融通が利きやすいので、掛け持ちバイトとしても最適で、稼ぎたい人は居酒屋で働くことをオススメします。

1日のタイムスケジュールの例(ホールスタッフ)

17:00 店内の清掃
17:30 テーブルのセッティング
18:00 接客業務
21:00 休憩、食事
21:45 トイレの清掃
22:00 接客業務
23:00 バイト終了

 

※ここで解説していることはあくまで一例なので、全てで当てはまるとは限りません

スポンサーリンク
スポンサーリンク

バイト探しならマッハバイト

マッハバイト(旧ジョブセンス)では業界トップクラスの約19万件のアルバイト求人情報を掲載しています!

採用されると求職者にお金が支払われる画期的システムにより人気急上昇中!

>>求人を探す<<

20代でフリーターから正社員になる手っ取り早い方法

ジェイックでは、フリーターや社会人経験のない方を対象に希望にあった20社を紹介してもらえる就職支援サービスです。

フリーターから正社員への支援実績は14,000人以上!

無料就職講座後の就職率は約80%!説明会は私服でOK!履歴書不要!退室も自由なので気軽に参加できます。

>>公式サイトはコチラ<<

公開日: 2014年12月1日
更新日: 2015年6月20日
サブコンテンツ