ドラッグストアのバイトは覚えることが多くて大変(仕事内容)

ドラッグストア

ドラックストアは、医薬品、医薬部外品、生活用品、商品などの販売を行います。

医薬品は薬剤師しか取り扱えないので資格のある人が担当となりますが、他の商品については資格がなくても担当できます。

商品を店頭に並べ、店内を整備し、お客様からの質問を受け販売します。はつらつした雰囲気を求めるため、若い方を好んで採用するようです。

また、繁盛店の深夜帯は時給も高く、募集が出るとすぐに埋まります。

ドラッグストアのアルバイトをする良い点

社員割引きで商品が買える

ドラックストアで売っているものは、生活をする上で欠かせないものばかりです。

しかしながら、化粧品などの美容用品などは良いお値段のものが多いです。

それが社員割引きで買えます。お値段がするものだけあって、かなりお得感があります。

新商品の情報をいち早く入手できる

新商品が次から次に出てくる業界です。洗剤一つとっても、各社、似たような新商品を出してきて、一般消費者には違いがよく分かりません。

また、介護用品なども便利なものがたくさんあるのに、よく分からないから今まで使っていたものをとなりがちです。

ドラックストアには様々な商品があるので、こだわる商品によっては、就職時のアピールポイントにもなるでしょう。

アクセスが楽

ドラックストアは立地が命です。立地が良くなければ、集客ができないからです。

店の収益のためとはいえ、職場が立地の良いところにあるのは、そこで働く人にとっても良いことです。

天気が悪い日でも職場に行くのが億劫になりません。

ドラッグストアのアルバイトをする悪い点

清潔感を求められる

スーパーやコンビニのアルバイトと同じような仕事内容ですが、医薬品も取り扱っているということもあって、髪、ひげ、ネイル、メイクなど、見た目の清潔感が求められます。

身だしなみについて指摘を受けて、中学生じゃあるまいしと思うかもしれません。

力仕事が多め

ペットボトル、洗剤、栄養ドリンク、ドラックストアで売られている商品はかなり重量があります。

それを店頭に運び、棚に並べるという作業はなかなかの重労働です。

女性ならまだしも、男性でドラックストアで働き始めたら、少なくとも最初のうちは必ず力仕事を任されることと思います。

商品の入れ替えが激しく、覚えるのが大変

お客さんから商品のある場所を聞かれることはもちろん多いのですが、それだけでなく新商品の特性を質問されることもあります。

最初のうちは、分かりません、すみませんで良くても、いつまでもそれではやっていけないでしょう。長く働きたいのであれば、覚えることがたくさんあります。

どんなアルバイトが働いているの?

学生や20代のフリーターが多いです。

店内を動き回ることが多いので、のんびりした性格の方よりテキパキ動ける方の方が向いています。

どれぐらい稼げるの?

大手のチェーン店であれば時給800~1,000円程。

派遣社員であれば時給1,200円以上の求人も存在します。

登録販売者の資格を持っていれば資格手当を支給している企業もあります。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

バイト探しならマッハバイト

マッハバイト(旧ジョブセンス)では業界トップクラスの約19万件のアルバイト求人情報を掲載しています!

採用されると求職者にお金が支払われる画期的システムにより人気急上昇中!

>>求人を探す<<

20代でフリーターから正社員になる手っ取り早い方法

ジェイックでは、フリーターや社会人経験のない方を対象に希望にあった20社を紹介してもらえる就職支援サービスです。

フリーターから正社員への支援実績は14,000人以上!

無料就職講座後の就職率は約80%!説明会は私服でOK!履歴書不要!退室も自由なので気軽に参加できます。

>>公式サイトはコチラ<<

公開日: 2016年5月18日
サブコンテンツ