雑貨屋のバイトは収入よりやりがいを重視すべし(仕事内容)

雑貨屋

都会の若い女性を中心に雑貨屋で働きたいと思っている人ってかなり多いと思います。

雑貨屋の仕事内容としては、他の販売業務と同様に、接客・レジ業務、検品・品出し、清掃業務がメインになりますが、雑貨屋に来る人の大半が女性なので商品陳列(レイアウト)には特に気を遣わなければいけません。

特にやることが無い時間帯はPOP作成を行うことが多いです。

雑貨屋の多くは小規模の店舗になるので、店長以外は全てアルバイトの場合もあり、時間帯によってはアルバイトのみで運営を任されることもあるので、アルバイトと言えど責任を持って業務に取り掛からなければいけません。

また、仕事に慣れれば発注業務を任されることもあるのでやりがいのあるアルバイトだと思います。

雑貨販売のアルバイトをする良い点

雑貨に囲まれて仕事ができる

雑貨好きの人からしてみれば一番のメリットですよね。

商品の入れ替え頻度も高いので、常に新鮮な気持ちで雑貨と触れ合うことができるので楽しい仕事だと思います。

服装や髪型が自由

ほとんどの雑貨屋ではどんな私服でもオッケーだし、茶髪やピアスも大丈夫です。

売れ残った商品を貰えることも・・・

チェーン店であればほぼ無理ですが、個人が経営している小さな雑貨屋では売れ残った商品を貰えることもあります。

実際に私の友人も雑貨屋でアルバイトをしていた時に店長からよく貰っていたそうです。

雑貨販売のアルバイトをする悪い点

時給が安い

雑貨屋でアルバイトをする一番のデメリットと言っても良いです。

レイアウトが大変

冒頭でも言いましたが、雑貨屋のメインはレイアウト(ディスプレイ)変更です。

お客さん側からしてみれば雑貨屋の店員っていつもレジ付近でボケーっとしているイメージがあるかもしれませんが、レイアウト変更は肉体労働なので体力の無い女性は苦労すると思います。

お客さんが少ない時間帯に大規模なレイアウト変更しますしね・・・

また、売り場のレイアウトを考える才能は少し勉強して身に付けられる技術ではありませんので、そういったセンスの無い人にはキツく感じるかもしれませんね・・・(私もその一人)

商品点数が多い

服や家電などであれば商品には全て品名があるので管理しやすいですが、雑貨は多種多様で品名が無いものが多いので、その一つ一つを覚えるのが大変です。

また、商品の入れ替わりが激しいので、その都度どんな商品が何処にあるのかを把握しなければいけませんし、在庫確認で苦労することも多いです。

特に棚卸は気が遠くなるぐらい大変なので覚悟が必要です・・・

常に立ち仕事

販売業務全般に言えることですが、基本的に座りながら仕事をすることは皆無なので精神的にも肉体的にもキツイです。

どれぐらい稼げるの?

個人経営かチェーン店か、店舗の規模によっても違うので何とも言えませんが、時給1,000円を超えることはほぼありません。

雑貨屋で多くの収入を得ることは不可能だと考えて下さい。

どんなアルバイトが働いているの?

雑貨好きの若い女性がメインですが、品出しやレイアウト変更の際に肉体労働が必要になるので、意外にも男性スタッフが重宝されます。

どの店舗もアルバイトがメインなので平均年齢は若いです。

1日のタイムスケジュールの例

10:00 店内の清掃(掃き掃除・モップ掛け)
10:15 検品・品出し
11:30 小休憩
11:45 接客をしながらPOP作成
13:00 食事休憩
13:45 接客をしながらレイアウト変更
15:00 小休憩
15:15 接客をしながらPOP作成
17:30 バイト終了

 

※ここで解説していることはあくまで一例なので、全てで当てはまるとは限りません

スポンサーリンク
スポンサーリンク

バイト探しならマッハバイト

マッハバイト(旧ジョブセンス)では業界トップクラスの約19万件のアルバイト求人情報を掲載しています!

採用されると求職者にお金が支払われる画期的システムにより人気急上昇中!

>>求人を探す<<

20代でフリーターから正社員になる手っ取り早い方法

ジェイックでは、フリーターや社会人経験のない方を対象に希望にあった20社を紹介してもらえる就職支援サービスです。

フリーターから正社員への支援実績は14,000人以上!

無料就職講座後の就職率は約80%!説明会は私服でOK!履歴書不要!退室も自由なので気軽に参加できます。

>>公式サイトはコチラ<<

公開日: 2015年4月17日
更新日: 2015年6月20日
サブコンテンツ