書店のアルバイトは規模により忙しさが異なる(仕事内容)

書店の中

書店のアルバイトの仕事内容は、レジ業務に始まり、商品の検品・品出し・陳列、清掃、POP作成など多岐にわたります。

小さな書店では、アルバイトに慣れてくれば、発注業務など、正社員がするような仕事も任されることもあります。

最近では本だけでは無く、ゲームやCD、DVD、トレーディングカードの販売も行っている大型の書店が増えてきているので、これらの店舗では、昔ながらの小さな書店の様に責任ある仕事を任せられることはほぼありません。

しかし、その分、店舗が広く商品点数も莫大になるので、商品の場所や内容を把握するのにかなり苦労することでしょう。

書店でアルバイトをする良い点

本好きにはたまらないアルバイト

本に囲まれてアルバイトをするので、本好きにはたまらないですね。

新刊をいち早く入手できるのも大きなメリットですね。

ポスターなどの特典を貰えることも・・・

一部の店舗では、販促用のポスターや余った特典を貰うことも可能です。

くれぐれも、転売する際は注意して下さいね・・・

社員になりやすい

書店に限らず、販売業は比較的アルバイトから正社員になりやすい職種になるので、フリーターの方など正社員として働きたい方には最適なアルバイトと言えるでしょう。

書店でアルバイトをする悪い点

暗記力が必要

スーパーやコンビニのアルバイトと違って、お客さんの商品の場所を聞かれる機会が非常に多いです。

特に大型の店舗になると、どこにどの商品が置いているのかを把握するのに時間がかかるので、他の職種に比べると記憶力が必要になります。

意外と力仕事が多い

本って、1冊だけ持てば軽いですが、検品や品出しをする際は何十冊もの本を一度に運ばなくてはいけません。当然、台車は使用しますが、持ち上げ作業を伴うので、意外と力仕事が伴います。

特に、本屋さんのアルバイトを希望する人は、本好きのインドア派の人が多いので応募する際は注意して下さい。

どれぐらい稼げるの?

店舗の規模にもよりますが、基本的に時給は800円~900円程度になります。

販売業全般に言えることですが、収入は期待しない方が良いです。

どんなアルバイトが働いているの?

平日、休日共に、フリーターや大学生などの20代の若者が多いです。やはり、本や音楽を好む人が多いので、話は合いやすいと思います。

実際にアルバイトを希望する店舗に行っていただければ、どんなアルバイトが働いているのか把握することができるので、気になる人は一度偵察してみて下さい。

1日のタイムスケジュールの例

17:00 レジ業務
18:15 トイレ掃除
18:30 外掃除
18:40 小休憩
18:50 レジ業務
19:30 品出し
20:30 レジ締め
21:00 バイト終了

 

※ここで解説していることはあくまで一例なので、全てで当てはまるとは限りません

スポンサーリンク
スポンサーリンク

バイト探しならジョブセンス

ジョブセンスでは業界トップクラスの約14万件のアルバイト求人情報を掲載しています!

採用されると求職者にお金が支払われる画期的システムにより人気急上昇中!

>>求人を探す<<

20代でフリーターから正社員になる手っ取り早い方法

ジェイックでは、フリーターや社会人経験のない方を対象に希望にあった20社を紹介してもらえる就職支援サービスです。

フリーターから正社員への支援実績は14,000人以上!

無料就職講座後の就職率は約80%!説明会は私服でOK!履歴書不要!退室も自由なので気軽に参加できます。

>>公式サイトはコチラ<<

公開日: 2015年2月1日
更新日: 2015年6月20日
サブコンテンツ