アパレル販売はコミュニケーション能力が必須(仕事内容)

アパレル

アパレル販売の主な仕事内容は「商品の販売」です。

商品の販売と言っても、ただ売るだけでは無く、お客さんのの好みを把握して希望する商品を提供しなければいけません。

その為には、ブランドだけではなく、色や素材、形などの最新の流行を把握しておく必要があります。

勤務地は、ショッピングモールに中にあるアパレルショップであったり、百貨店や高級ブティックやファッション専門店など、人が集まる場所がメインになります。

販売・接客の他にも、特にお客さんの少ない平日には商品の検品や品出し、陳列(レイアウト)を考えたりなど、しなければいけないことは沢山あります。

アパレル販売のアルバイトをする良い点

仕事が楽

こんなことを言ってはアパレル販売に従事している人から批判されそうですが、ありとあらゆる販売職に比べて圧倒的に仕事は楽です。

自動車販売の様に専門的な知識は要らないし、家電販売の様に毎年新しい知識を得る必要も無いし(多少の流行は把握しなければいけないが)、ホームセンターの様に重たい荷物を運ぶ必要も無いし・・・。

従業員が若い

アルバイト従業員に限らず、店長も20代~30代前半が多く、ファッションが好きな人が集まるので、話が合いやすくコミュニケーションで困ることはあまりないでしょう。

社員になれるかも

アルバイトから社員に引き抜くといった話は良くあることなので、頑張れば正社員になることも夢ではありません。

アパレル販売のアルバイトをする悪い点

時給が安い

アパレル販売に限らず、全体的に販売職は時給が安いです。

時間の融通が利きにくい

小さなショップの場合、店長とアルバイトの2名で仕事をしなければいけません。

シフトが自由に決めれなかったり、急きょ休まなければいけない状況になっても、代わりに出勤できるスタッフが見つかるまで休むことを許してもらえないというトラブルも良く聞きます。

暇・・・

活気のある店舗であれば、常に何かやることがあって楽しいですが、人気のない活気の無い店舗の場合、とても暇です。

商品が売れないので品出し量も少ないし、当然接客時間も少なくなるのでやることが無くなります・・・

スキルが身に付かない

販売職全般に言えることですが、ある程度の接客スキルは身に付くかもしれませんが、専門的なスキルを付けることができません。

なので、この先就職や転職する場合、同じ販売職であればまだ大丈夫かもしれませんが、他の職種に移る場合、かなり苦労するでしょう。

どれぐらい稼げるの?

アパレル販売の時給は650円~900円程度で、他の職種に比べると圧倒的に安いです。

どんなアルバイトが働いているの?

ファッションに興味のある人が多いのは当たり前ですが、基本的に10代~20代前半の若者が多くを占めています。

ショップにもよりますが男女比で言うと女性の方が多いです。

友達同士で働いているパターンも多いです。

1日のタイムスケジュールの例

9:30 開店準備
10:00 オープン。接客をしながら検品や品出し
11:30 店舗周りの清掃・トイレ掃除
11:45 レイアウト検討
13:00 食事休憩
13:45 接客をしながら検品や品出し
16:00 店舗内の清掃
16:30 バイト終了

 

※ここで解説していることはあくまで一例なので、全てで当てはまるとは限りません

スポンサーリンク
スポンサーリンク

バイト探しならジョブセンス

ジョブセンスでは業界トップクラスの約14万件のアルバイト求人情報を掲載しています!

採用されると求職者にお金が支払われる画期的システムにより人気急上昇中!

>>求人を探す<<

20代でフリーターから正社員になる手っ取り早い方法

ジェイックでは、フリーターや社会人経験のない方を対象に希望にあった20社を紹介してもらえる就職支援サービスです。

フリーターから正社員への支援実績は14,000人以上!

無料就職講座後の就職率は約80%!説明会は私服でOK!履歴書不要!退室も自由なので気軽に参加できます。

>>公式サイトはコチラ<<

公開日: 2014年12月26日
更新日: 2015年6月20日
サブコンテンツ