遊園地のスタッフは子供好きには最適(仕事内容)

巨大観覧車

遊園地(テーマパーク)のスタッフと言っても、USJやディズニーランドの様に超大型の遊園地から、デパートの屋上にある様な、地域密着型の小規模な遊園地まで様々あり、仕事内容も施設により大きく異なります。

仕事内容は、チケットの販売、園内の清掃やアトラクションの操作や安全確認、警備が主な仕事になります。

仕事をする際のスキルは特に必要ありませんが、お客さん(特に小さな子供)と接する機会が多いアルバイトになるので、愛想よく接客することができるコミュニケーション能力が必要になります。

安全が重要視される仕事になるので、気を引き締めて業務にあたらなければいけません。

遊園地でアルバイトをする良い点

楽しい気分になれる

遊園地でアルバイトをする一番のメリットが、お客さんの笑顔を見れることと言っても過言ではありません。

自分も楽しめる

例えば、ディズニーランドのアルバイト(キャスト)には、「サンクスデー」と呼ばれる閉園後にパークを貸し切ってセレモニーやスペシャルメニューで従業員だけが楽しめるイベントがあったり、記念品が貰えたりのなどの特典があります。

この様に、大抵の遊園地では、入場料が無料になったり、ショップ割引があったりなどの恩恵を受けることが出来ます。

アルバイトの意見が通りやすい

遊園地のスタッフの大半はアルバイトで構成されていますので、アルバイトでも頑張れば正社員並みの影響力をも持つことが可能です。

接客力が身に付く

他のアミューズメント施設に比べると、お客さんと接する機会も多いので、就職前の大学生や高校生が接客力を身に付ける為に、遊園地でアルバイトをしている学生も多いし、オススメします。

シフトの融通が利きやすい

アルバイトの数が多いので、ある程度シフトの融通が利きやすいです。

出会いがある

大きな遊園地になると、アルバイトの数だけでも数百人います。

また、週末の遊園地のアルバイトは10代~20代前半のアルバイトが多く出勤するので、出会いたい放題です(笑)

職場の雰囲気も良く、イベントなども多く開催しているので、出会いの場としては最適かもしれません。

遊園地でアルバイトをする悪い点

天候に左右される

基本的に外で仕事にすることになりますが、雨が降っても業務を行わなければいけません。夏だと暑いし、冬は寒い・・・

また、雨だとお客さんが少なくなるので、やることが無くなり、最悪の場合退勤しなければいけません。天候によりシフトが変動するのは大きなデメリットの一つと言えるでしょう。

人の命を預かる

アルバイトが任されるアトラクションの操作は、単純なことばかりですが、一歩間違えばお客さんの命を奪う可能性も少なからずあるので、毎回気を引き締めて業務にあたらなければいけません。

時給が安い

遊園地のアルバイトは需要があるので、会社は時給を高く設定しなくても求人が集まるので、必然的に時給は安くなります。

体力が必要

表面的には楽しそうに見えるアルバイトですが、実際には、広い園内で仕事をするので、時には走り回って仕事をしなければいけません。(ディズニーでは走ってはダメだが・・)

なので、アルバイトをしてみて「こんなにしんどいとは思わなかった・・・」と言ってすぐ辞めていくアルバイトも多いです。

どんなアルバイトが働いているの?

大半が10代~20代の女性です。

スタッフの数も多く、友達同士で働いているアルバイトも多いです。

人と接することが好きな人じゃないと、まともに仕事をすることが出来ません。

どれぐらい稼げるの?

時給は800円~900円程度で、決して高くありません。

ただ、有名な遊園地(ディズニーランドなど)であれば1,000円を超えることもあります。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

バイト探しならマッハバイト

マッハバイト(旧ジョブセンス)では業界トップクラスの約19万件のアルバイト求人情報を掲載しています!

採用されると求職者にお金が支払われる画期的システムにより人気急上昇中!

>>求人を探す<<

20代でフリーターから正社員になる手っ取り早い方法

ジェイックでは、フリーターや社会人経験のない方を対象に希望にあった20社を紹介してもらえる就職支援サービスです。

フリーターから正社員への支援実績は14,000人以上!

無料就職講座後の就職率は約80%!説明会は私服でOK!履歴書不要!退室も自由なので気軽に参加できます。

>>公式サイトはコチラ<<

公開日: 2014年11月24日
更新日: 2015年6月20日
サブコンテンツ