顔や容姿で採用されることもある?

アルバイトの採用面接の際に顔(容姿)で採用されることはあるのか?

答えは『イエス』です。

アルバイトの面接の採否のポイントとなる要素はどういったものが挙げられるでしょう。

私もサラリーマン時代にアルバイトの採用担当業務をしたことがありますが、雇用主がアルバイトを採用する際に求める要素は、

  1. 勤務日数
  2. 勤務期間
  3. 年齢
  4. やる気
  5. 性格
  6. 通勤経路
  7. スキルや経験
  8. 容姿

辺りでしょうか・・・

それぞれの項目については「アルバイトの面接で採否を決定するポイント」を参照してもらうとして、今回は⑧の容姿について解説していきます。

お客さんと直に接する職種は顔採用が多し

販売業であったりサービス業など、お客さんと接する機会の多い仕事内容の場合は、顔採用の比率が高くります。

何故かって??

それは売り上げがアップするからです。

例えば、屋台で焼きそばを売っている露店が二軒並んでいて、片方が可愛い女性が販売していて、もう片方が容姿の良くない女性が販売していたとしてあなたはどちらの露店で焼きそばを購入しますか??

商品の価値が全く同じであれば、多くの男性は可愛い女性が販売している露店で購入するでしょう。

可愛い女性が販売するだけで売り上げアップします。

これはカッコいい男性でも同じです。

雇用主が好みで採用されることもある

特に雇用主側が男性の場合に言えることですが、一緒に仕事をするなら容姿の悪い女性より容姿の良い女性の方が良いに決まっています。

もっと言えば、年配の女性より若くてピチピチした女性の雇った方が気分的にも良いに決まっています。

正社員となると状況は変わる

アルバイトの場合は、スキルや経験といった項目が採否の判断にそれほど影響が無いので、容姿による採用の比率がアップします。

しかし正社員となると、ゆくゆくはそこの会社の中軸を担う人材になってもらう為にも、容姿よりスキルや経験、やる気などが重視されます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

バイト探しならジョブセンス

ジョブセンスでは業界トップクラスの約14万件のアルバイト求人情報を掲載しています!

採用されると求職者にお金が支払われる画期的システムにより人気急上昇中!

>>求人を探す<<

20代でフリーターから正社員になる手っ取り早い方法

ジェイックでは、フリーターや社会人経験のない方を対象に希望にあった20社を紹介してもらえる就職支援サービスです。

フリーターから正社員への支援実績は14,000人以上!

無料就職講座後の就職率は約80%!説明会は私服でOK!履歴書不要!退室も自由なので気軽に参加できます。

>>公式サイトはコチラ<<

公開日: 2015年6月22日
サブコンテンツ