効率の良い日雇いバイトの探し方

サラリーマンのちょっとしたお小遣い稼ぎに、学生の時間を持て余した時間に、頑張るお母さんが家計の足しに日雇いで出来る激短期バイトを探している人も多いと思いますが、皆さんどうやって日雇いバイトを探していますか?

  1. 新聞の折り込み広告
  2. 求人誌
  3. 求人サイト
  4. ハローワーク
  5. 知り合いからの紹介

さすがにハローワークで日雇いバイトを探す人は少なでしょうが、多くの方はこれらの方法で日雇いバイトを探すと思います。

でも皆さんこう思うはずです。

日雇いバイトの数が少ない・・・

そうです、長期バイトや3ヶ月程度の短期バイトに比べると日雇いバイト・・・いわゆる「激短バイト」の求人は決して多くありません。

200件ぐらいヒットするよ!!

大手の求人サイトを見ていればそれぐらいヒットするかもしれませんが、求人をじっくり見て下さい。

その大半が勤務地が違うだけの同じ会社の求人ばかりでです。

(某引越し業者や某配送業者が特に多い)

同じ求人を除外していくと、同じ県内で数十件あればいい方です。

短期バイト・単発アルバイトサイト『ショットワークス』を活用せよ!

長期バイトであれ日雇いバイトであれ、基本的に求人数が多くて応募の管理が楽な求人サイトを利用した方が良いです。

その中でも求人数の多い「ジョブセンス」や「バイトル」で探しても良いですが、日雇いバイトに限定するのであればショットワークスを活用した方がいいです。

ショットワークスをオススメする理由

ショットワークスはジョブセンスやバイトルなどの大手求人サイトに比べると有名じゃないし求人数は少ないので通常の求人を探すのには適していません。

但し、ショットワークスの強みは何と言っても「短期バイト・単発アルバイトに特化した求人サイト」だと言うことです。

当たり前ですが、ここに掲載されている求人の全てが短期バイトの求人です。

ですので、通常の求人サイトの様に長期バイトか短期バイトの絞り込みをする必要が無いのでそこで手間が一つ省けます。

求人数に関してはそれほど多くありませんが、ショットワークスの一番の特徴は「勤務開始日を選択できる出来るところ」です。

ショットワークス

こちらはショットワークスの求人検索画面になります。

勤務地や職種やフリーワードなどどの求人サイトにあるベーシックなものの中に、「勤務日」と「勤務開始日」の項目があるのがお分かりいただけますでしょうか?

※丸で囲っているところ

日雇いバイトを探している人のほとんどは今すぐにでも働きたいと思っていることでしょう。

そういう人にとっては非常に有り難いシステムです。

では、明日(6月8日)働ける求人を探してみましょう。

ショットワークス1

関西地方で41件の求人がヒットしました。

求人内容はお見せできませんが、そのほとんどが履歴書不要の即採用求人ばかりです。

まー、明日から働くのに面接なんてしてる時間無いでしょうが・・・

明日からでもすぐに働きたい人にはショットワークスをオススメします。

ショットワークス

日雇いバイトに職種を求めてはいけない

よく日雇いの短期バイトを探す際に、「アパレル販売のアルバイトをしたい!」など、職種を求める人がいますがそんなこと考えるのは時間の無駄です。

どうせ働いても数日です。

自分に合わないと思った仕事でもすぐに辞めるんですから職種なんて考える必要はありません。

先ほども言いましたが、日雇いバイトの種類はそう多くないし日雇いバイトを求めていると言うことはすぐにでも給料を手に入れたいと思っている人達ばかりなので時間との勝負です。

  • 勤務地
  • 給料
  • 勤務時間

この3つを天秤にかけてさっさと決めましょう。

日雇いバイトだったら大抵、面接が無く即採用だったり、面接が会っても面接時にその場で採用が決まるので履歴書や面接対策を立てる必要もありません。

日雇いバイトはとにかく時間との勝負です。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

バイト探しならジョブセンス

ジョブセンスでは業界トップクラスの約14万件のアルバイト求人情報を掲載しています!

採用されると求職者にお金が支払われる画期的システムにより人気急上昇中!

>>求人を探す<<

20代でフリーターから正社員になる手っ取り早い方法

ジェイックでは、フリーターや社会人経験のない方を対象に希望にあった20社を紹介してもらえる就職支援サービスです。

フリーターから正社員への支援実績は14,000人以上!

無料就職講座後の就職率は約80%!説明会は私服でOK!履歴書不要!退室も自由なので気軽に参加できます。

>>公式サイトはコチラ<<

公開日: 2015年6月7日
更新日: 2015年12月10日
サブコンテンツ