短期バイトと単発バイトの違い

アルバイトの求人サイトを見ていると、検索のチェック項目に「短期バイト」と「単発バイト」と分けられて掲載されることが多いです。

どちらも期間を区切っての働き方になりますが、それぞれの説明を簡単にしていきましょう。

短期バイトとは?

短期バイトとは、主に3ヶ月未満の範囲で、勤務期間を決めて働くアルバイトのことを指します。

よく勘違いされがちですが、短期バイトだからと言って、短時間勤務とは限りません。むしろ、短期間勤務なので、集中して長時間労働しているアルバイトの方が多いぐらいです。

短期バイトは、会社が繁忙期の際に募集がかかることが多いので、忙しくなることが多く、残業も多くなりがちです。

単発バイトとは?

一方、単発バイトとは、1日や2日など、1週間以内の勤務期間で働くアルバイトのことを指します。

仕事の内容は、週末のイベント会場での運営スタッフや交通量調査など、数日で業務が終了するような仕事で募集がかかることが多いです。

単発バイトの多くが、人材派遣会社を通して、登録スタッフとして働きます。

尚、給料も手渡しの場合が多いので、金欠で今すぐ収入が欲しい方が多く働いています。

短期バイトと単発バイトの違い

短期バイトが3ヶ月未満の勤務期間なのに対して、単発バイトは1日や2日など、短期バイトより更に勤務期間が短いです。

短期バイトは3ヶ月未満だったら、1日でも短期バイトに入るじゃないか!」と思われるかもしれません。

確かにそうですね。

記事にしておいてなんですが、そもそも短期バイトと単発バイトを区別する機会が無いので、労働者側はそれほど気にすることでも無いです。

あえて、気にする機会があるとすれば、面接で答えるぐらいです。ちなみに、面接で聞かれたときは、1日のバイトの場合でも、単発バイトをしていたと言う必要は無く、短期バイトをしていたと答えれば問題ありません。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

バイト探しならマッハバイト

マッハバイト(旧ジョブセンス)では業界トップクラスの約19万件のアルバイト求人情報を掲載しています!

採用されると求職者にお金が支払われる画期的システムにより人気急上昇中!

>>求人を探す<<

20代でフリーターから正社員になる手っ取り早い方法

ジェイックでは、フリーターや社会人経験のない方を対象に希望にあった20社を紹介してもらえる就職支援サービスです。

フリーターから正社員への支援実績は14,000人以上!

無料就職講座後の就職率は約80%!説明会は私服でOK!履歴書不要!退室も自由なので気軽に参加できます。

>>公式サイトはコチラ<<

公開日: 2014年11月16日
サブコンテンツ