「従業員同士仲良くしてます」のフレーズは危険

求人情報を見ていると、「従業員同士仲良くしてます」というキャッチフレーズをよく見ます。

そこで働いているアルバイトと思われる人達が仲良さそう笑いあっている写真を掲載して、その下に

仕事中もみんな仲良しで楽しく仕事をすることができます!

バイトが休みの日はバイト同士でバーベキューをして遊びます!

バイトが終わったら皆でよく飲みに行きます!

など、訳の分からないコメントを載せて、アルバイト同士の仲の良さを強調しています。

私はコミュニケーション能力に欠けているので、学生時代やフリーター時代に、そういった求人を見て「このバイト先なら皆と上手くやっていけそう・・・!!」っと期待を膨らませて、応募して実際に働いたことがあります。

ただ、私の経験上そういうアピールをしている職場ほど人間関係が希薄しています。

そして、求人情報の写真に載っている人は大抵バイト先にいません(笑)

一体どこの誰なんだ・・・そして男前や可愛い子が多い。

他に強調するメリットが無い

従業員同士仲良くしてます!!と強調する理由の一つに、時給が高かったり自由にシフトが組めるなどの他に強調するメリットが無いことが挙げられます。

他に強調するメリットが無いと言うことはアルバイト側にメリットが無いと言うことです。

フリーペーパーや求人誌の場合、求人を載せるスペースが決められています。

その中に、出来るだけ応募者の興味をそそる情報を掲載していきますが、もし応募者にとってメリットいっぱいある求人だったら、「従業員同士仲良くしてます」という、どうでもいい情報を載せるスペースを載せるぐらいなら他の情報を載せます。

何もアピールできるポイントが無いから、とりあえず従業員同士のコミュニケーションの良さを前面に出しているのです。

従業員同士のコミュニケーションの良さなんて嘘でもいっぱい書けますからね・・・

最後に、これからアルバイトを探すみなさん、「従業員同士仲良くしてます」のフレーズには十分注意して下さい。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

バイト探しならジョブセンス

ジョブセンスでは業界トップクラスの約14万件のアルバイト求人情報を掲載しています!

採用されると求職者にお金が支払われる画期的システムにより人気急上昇中!

>>求人を探す<<

20代でフリーターから正社員になる手っ取り早い方法

ジェイックでは、フリーターや社会人経験のない方を対象に希望にあった20社を紹介してもらえる就職支援サービスです。

フリーターから正社員への支援実績は14,000人以上!

無料就職講座後の就職率は約80%!説明会は私服でOK!履歴書不要!退室も自由なので気軽に参加できます。

>>公式サイトはコチラ<<

公開日: 2015年5月31日
サブコンテンツ