週休2日制には気を付けよう

求人欄に「週休2日制」と書いていれば。週に必ず2日休みがある!と思っていませんか?

それは大きな間違いです

確かに、言葉だけで解釈すれば、週に2日休みがあるように錯覚します。しかし、週休2日制は、必ずしも毎週2日休みがある訳ではありません。

週休2日制と完全週休2日制がある

求人欄でよく見かける「週休2日制」と「完全週休2日制

この2つは、似ている様で実は全然違います。

週休2日制とは?

週休2日制とは、簡単に言うと週に最低でも1日休みがあり、そこにプラスして月に1回以上は休みがあることを言います。

具体的に言うと、「毎週日曜日と第3木曜日が休み」などが週休2日制になります。なので、必ず週に2日休みがある訳ではありません。

完全週休2日制とは?

一方、完全週休2日制は、その名の通り完全に週休2日制になります。

ただ、注意してほしいのは、決して土日が休みとは限らないということです。特に販売業やサービス業などの接客業務は、土日が休みになることは少なく、大抵平日が休みになります。これは週休2日制でも同じことが言えます。

どちらが損得では無い

今までの説明を聞くと、完全週休2日制の方が労働時間が少なくいいじゃん!って思うかもしれませんが、そうではありません。

休日についての概念は「休日ってどうやって決まるの?」を参照してもらうとして、労働基準法では、労働者に対して、最低でも週に1日、もしくは4週で4日の休日を与えなければいけません。

また、労働日数の縛りだけでは無く、労働時間についても縛りがあり、週40時間を超えて労働することができません。(変形労働時間制の場合を除く)

なので、週休2日制で休日日数が少なくても、その分、1日の労働時間は少なくなるので、トータル労働時間は変わりません。

まー、アルバイトの場合は、フルタイム勤務でなければ、週に3日とか4日勤務が一般的なので、それほど気にすることでもないかもしれませんね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

バイト探しならマッハバイト

マッハバイト(旧ジョブセンス)では業界トップクラスの約19万件のアルバイト求人情報を掲載しています!

採用されると求職者にお金が支払われる画期的システムにより人気急上昇中!

>>求人を探す<<

20代でフリーターから正社員になる手っ取り早い方法

ジェイックでは、フリーターや社会人経験のない方を対象に希望にあった20社を紹介してもらえる就職支援サービスです。

フリーターから正社員への支援実績は14,000人以上!

無料就職講座後の就職率は約80%!説明会は私服でOK!履歴書不要!退室も自由なので気軽に参加できます。

>>公式サイトはコチラ<<

公開日: 2014年10月21日
サブコンテンツ