中学生は働けないのに、なぜ子役はOKなの?

僕は現在、中学生です。お小遣いが少ないので、親にアルバイトをしたいと言ったら「16歳以上にならないとアルバイトをすることが出来ない」と言われました。確かにネットでアルバイトを探してみても募集年齢は最低でも16歳だし、僕の周りでアルバイトをしている友達もいません。しかし、芦田愛菜や鈴木福や本田望結など、子役として活躍している子供は仕事として働いていますよね?なぜ、一般の小学生や中学生はダメで、テレビに出ている俳優は仕事をしていいのですか?

●子役としての労働は法律で保護されているからです

労働基準法により、原則として満15歳に達した日以後の最初の3月31日が終了する(義務教育終了)まで、賃金を貰って仕事をすることができませんので、質問者さんの親が言っていることは正しいです。

但し、例外的に下記の条件を満たせば満13歳以上であれば就業可能です。

  • 非工業的事業で軽易な作業
  • 健康や福祉に有害では無い
  • 使用者(会社)が労働基準監督署長の許可を得ている
  • 残業、休日出勤、深夜勤務が無い

非工業的事業で軽易な作業に挙げられる仕事の一例として、新聞配達や倉庫内での軽作業、建築現場での建築や解体補助などが挙げられます。

芦田愛菜って13歳より若いんじゃね?

芦田愛菜の年齢は2014年度で10歳です。もっと言えば、安達祐実は0歳から子役として活躍しています。さっき満13歳以上であれば例外的に働けるって言いましたが、これだと矛盾していますよね。

映画の製作又は演劇の事業は例外的に認められる

労働基準監督署長の許可を得たとしても満13歳未満の労働は原則禁止されています。

しかし、映画の製作又は演劇に関わる仕事をしている子供(要は子役)であれば、満13歳未満でも労働させることは可能です。ただ、子供の負担を考えて、修学時間と労働時間を合わせた時間が1日7時間、1週間で40時間を超えてはいけません。

また、労働できる時間は、5:00~20:00(厚生労働大臣が必要と許可された場合は21:00)までと決められています。なので、紅白歌合戦などの生放送や舞台などで子役が途中で退席するのも、このルールを守っているからです。

矛盾している点もある?

先ほど、修学時間と労働時間を合わせた時間が1日7時間、週40時間と言いましたが、このルールを厳守すると、子役の撮影や稽古などがスムーズにできないので、実質的に長時間労働が認められている様です。

(根拠は知らないので間違ってたらスイマセン・・・)

スポンサーリンク
スポンサーリンク

バイト探しならジョブセンス

ジョブセンスでは業界トップクラスの約14万件のアルバイト求人情報を掲載しています!

採用されると求職者にお金が支払われる画期的システムにより人気急上昇中!

>>求人を探す<<

20代でフリーターから正社員になる手っ取り早い方法

ジェイックでは、フリーターや社会人経験のない方を対象に希望にあった20社を紹介してもらえる就職支援サービスです。

フリーターから正社員への支援実績は14,000人以上!

無料就職講座後の就職率は約80%!説明会は私服でOK!履歴書不要!退室も自由なので気軽に参加できます。

>>公式サイトはコチラ<<

公開日: 2014年10月13日
更新日: 2014年10月15日
サブコンテンツ