アルバイトでも定期健康診断を受診できる

定期健康診断と言えば一般的に正社員しか受診できないイメージがありますが、アルバイトやパート従業員でも定期健康診断を受診することができます。

と言うより、下記の条件を満たした労働者は「労働安全衛生法」により、定期健康診断を受診しなければいけない義務があります。

健康診断を受診できる条件

  • 期間の定めのない労働者
  • 契約期間が1年以上(特定業務は6ヶ月)の労働者
  • 契約更新により1年以上の雇用が見込まれる(既に働いている)労働者

※いずれの場合も、1週間の所定労働時間の3/4以上の勤務時間が必要になります。

これらの条件を満たしたアルバイトやパート従業員は就業が決まった時と、それ以降、年に1度の定期健康診断を受診することができます。

また、肉体的に過酷な深夜勤務の従業員は6ヶ月に1度の定期健康診断、溶剤業務や高圧室内業務に従事する労働者は、定期健康診断に加えて特殊健康診断の実施が義務付けられています。

診断時間の賃金は?

定期健康診断は労働安全衛生法により定められていますので、診断中も就業中とみなされるので、その分の時間給が支払われると思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、労使間の協議によって定めるべきものになりますので、実際に企業は賃金を支給する必要はありません。

(正社員の場合は勤務中とみなされる場合が多いです)

まー、個人的には定期健康診断を受診した所で、基本的な健康状態しか分からないので、別に受診する必要も無いと思っていますが、無料で診断できるので、受診しておいて損は無いと思います。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

バイト探しならジョブセンス

ジョブセンスでは業界トップクラスの約14万件のアルバイト求人情報を掲載しています!

採用されると求職者にお金が支払われる画期的システムにより人気急上昇中!

>>求人を探す<<

20代でフリーターから正社員になる手っ取り早い方法

ジェイックでは、フリーターや社会人経験のない方を対象に希望にあった20社を紹介してもらえる就職支援サービスです。

フリーターから正社員への支援実績は14,000人以上!

無料就職講座後の就職率は約80%!説明会は私服でOK!履歴書不要!退室も自由なので気軽に参加できます。

>>公式サイトはコチラ<<

公開日: 2014年10月7日
更新日: 2014年10月27日
サブコンテンツ