雨の日の配送バイトは地獄!キチンと対策しよう

これから配送のアルバイトをしようと考えている人も多いと思います。

私も実際に配送のアルバイトをしたことがあるので、その体験談を元に、これから配送のアルバイトをしようと思っている人に対して少しでも参考になる記事を書きたいと思います。

主な配送のバイト

  • 新聞配達
  • 郵便物の配送
  • ピザの配送
  • コンビニへのルート配送
  • バイク便
  • 自販機の補充 など・・・

雨の日の配送バイトが地獄

配送のアルバイトをしたことがある人には特に理解してもらえると思いますが、配送のアルバイトのデメリットとして雨の日のアルバイトが地獄だと言うことが挙げられます。

では、その理由を解説していきます。

その①:商品が濡れる

雨の日のバイトで一番厄介なのが、雨によって商品が濡れてしまうことです。

商品が濡れることによりクレームに繋がりますので、特に新聞や郵便物などの紙でできた商品を配送する際は細心の注意が必要になります。

その②:自分も濡れる

雨に打たれながら仕事をするって想像しただけでうっとおしいですよね・・・

自分が濡れるだけならまだましですが、濡れたままお客さんの所に行くとそこからクレームになる可能性があります。

その③:道が混む

雨の日は道が混むので、晴れの日より配送時間が多くかかることを頭に入れておいて下さい。

時給制であれば給料が多く貰えるのでいいかもしれませんが、日給制の場合は渋滞になるほど損をします。

その④:事故の危険が増す

雨の日は視界が悪くなり、道路もスリップしやすくなるので事故の危険が増します。

私が以前アルバイトをしていた会社でも、雨の日の事故率は2倍以上増えていました。

その⑤:欠勤者が多くなる

まさに私が働いていた会社がそうでした・・・

雨が降ったときの対策

車でルート配送をする際は、屋根の無い所に配送する場合は、配送することだけに専念して、車内の整理は出来るだけ屋根のある所で行いましょう。

そしてとにかく「安全運転」を心がけましょう。

こんなことを言ってはなんですが、アルバイトなんで事故を起こすリスクを増やしてまでする仕事ではありません。

商品の保護に関しては、バイト先の企業で十分な対策をとっていると思うので省略します。

雨が降ったときの服装

雨の日は出来るだけ帽子をかぶる様にしましょう。

帽子をかぶらないと頭部がビチョビチョになり、お客さんの所に配送しに行ったときにイメージが悪くなります。

ちなみにレインコートなどの雨具は着ない方がいいです。

その理由として、制服や名札が隠れてしまうことによるクレームの危惧と、雨具は水弾きがいい反面、そのまま配送先の店舗に入ると、水滴がたれて床がビチョビチョになってしまう恐れがあるからです。

店舗に入る前に雨具を脱ぐか・・・ですが、いちいち着たり脱いだりするのは時間のロスになるし、脱いだ雨具を店舗のどこに置いておくのかの問題も発生するのであまりオススメできません。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

バイト探しならマッハバイト

マッハバイト(旧ジョブセンス)では業界トップクラスの約19万件のアルバイト求人情報を掲載しています!

採用されると求職者にお金が支払われる画期的システムにより人気急上昇中!

>>求人を探す<<

20代でフリーターから正社員になる手っ取り早い方法

ジェイックでは、フリーターや社会人経験のない方を対象に希望にあった20社を紹介してもらえる就職支援サービスです。

フリーターから正社員への支援実績は14,000人以上!

無料就職講座後の就職率は約80%!説明会は私服でOK!履歴書不要!退室も自由なので気軽に参加できます。

>>公式サイトはコチラ<<

公開日: 2015年3月7日
サブコンテンツ