残業についてきちんと理解しよう

仕事をしたことがある人には、必ずと言って良いほど聞いたことがある「残業」と言う言葉。しかし、意外にも労働基準法では残業という概念は存在しません。

残業を法的な言葉で言うと「時間外労働」と置き換えることができます。

また、残業の中でも「法定内残業」と「法定時間外労働」に分けることができます。

法定内残業

労働基準法では、1日の労働時間の上限を8時間(1週間だと40時間)と取り決められています。しかし、アルバイトの方は特にそうですが、早朝だけの勤務とか、午後だけの勤務など、短時間労働者の方もいます。

シフトで午前8時から12時までの勤務だった場合、労働時間は4時間になります。例えば、「仕事が忙しいので2時間残業してくれない?」と言われて2時間残業した場合は、残業時間を含めても6時間で、労働基準法で定められている8時間の労働時間内に収まっているので「法定内残業」になります。

法定内残業では時間外労働に当てはまりませんので、割増賃金(時間外労働の場合は時給の2割5分増し)を得ることができません。

法定時間外労働

一方、法定時間外労働は、労働基準法で定められている1日の労働時間(8時間)を超えた労働のことを指します。

仮に、午前9時~夕方5時まで働いた場合、休憩時間1時間を抜いた労働時間は8時間になりますので、夜8時まで残業したのであれば、残業分の3時間が法定時間外労働になります。

法定時間外労働は、時間外労働に当てはまりますので、割増賃金を得ることが出来ます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

バイト探しならジョブセンス

ジョブセンスでは業界トップクラスの約14万件のアルバイト求人情報を掲載しています!

採用されると求職者にお金が支払われる画期的システムにより人気急上昇中!

>>求人を探す<<

20代でフリーターから正社員になる手っ取り早い方法

ジェイックでは、フリーターや社会人経験のない方を対象に希望にあった20社を紹介してもらえる就職支援サービスです。

フリーターから正社員への支援実績は14,000人以上!

無料就職講座後の就職率は約80%!説明会は私服でOK!履歴書不要!退室も自由なので気軽に参加できます。

>>公式サイトはコチラ<<

公開日: 2014年10月11日
サブコンテンツ