ネットでしか上司の悪口を言えない

近年、SNSが普及し、若者を中心に、上司の悪口をFacebookに投稿したり、会社の不平不満をTwitterでつぶやく人が急増しています。

私が学生の時は、SNSというシステムがなかったので、上司や同僚の悪口を言うときは、休憩時間などに、同じバイト先の同僚と上司にバレないように悪口を言って盛り上がっていたものです。

それは、ただ悪口を言ってストレスを発散しているだけではない、周りと円滑にコミュニケーションをとるためでもあります。(上司の悪口ほど話で盛り上がることはありません・・・)

人前で上司なり同僚の悪口を言うのはそれなりのリスクを伴います。なので、ある程度自制心が利きます。

しかし、Twitterなどの仮想空間の中では、自分の身分を隠して好き勝手言えるので、全くリスクを感じることが無いので、人前では言えない、暴言などの誹謗中傷を平気で言えます。

人前で意見を言えないネット弁慶

ネット弁慶とは、ネット上では強気で威勢が良いが、いざ人前に出ると萎縮してしまい自分の意見を言えない人のことです。

妄想志向が強く、自分を強く見せたい反面、現実世界では、おとなしかったり、気弱な性格をした人がネット弁慶になりやすいです。

普段、ネット上で強気な発言をしている人の大半はネット弁慶です。本当に、自分の意見を人前でしっかり話せる強い意志をお持ちの人は、ネット上でわざわざそういったことをしません。

ネット弁慶のことを悪く言っていますが、ストレス発散の為には多少、ネット上で悪口を言ってもいいと思いますが、くれぐれも上司の実名を出してはいけません。

Facebookは実名登録になるので、気を付けるかもしれませんが、Twitterは匿名で登録できるので、より攻撃的になりがちですが、どこからバレるか分かりません。

私の友人は定期的にTwitterで自分の名前で検索して、自分の陰口を叩かれていないかチェックしている様です・・・いくら匿名でも、つぶやいている内容を見れば、ある程度誰なのか分かりますので注意して下さい。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

バイト探しならジョブセンス

ジョブセンスでは業界トップクラスの約14万件のアルバイト求人情報を掲載しています!

採用されると求職者にお金が支払われる画期的システムにより人気急上昇中!

>>求人を探す<<

20代でフリーターから正社員になる手っ取り早い方法

ジェイックでは、フリーターや社会人経験のない方を対象に希望にあった20社を紹介してもらえる就職支援サービスです。

フリーターから正社員への支援実績は14,000人以上!

無料就職講座後の就職率は約80%!説明会は私服でOK!履歴書不要!退室も自由なので気軽に参加できます。

>>公式サイトはコチラ<<

公開日: 2014年10月27日
サブコンテンツ