休日ってどうやって決まるの?

アルバイトの休日は上司が決定します。以上、終わり・・・

いやいや、もう少し深い話をしましょう。

そもそも休日とは?

休日とは、業務や授業などが無い日のことを指し、休暇とも呼ばれています。

日曜日や祝日も休日と呼びますが、仕事においての休日は「労働の義務が無い日」のことを指しますので、サービス業など日曜日や祝日も出勤する労働者からしてみれば、必ずしも日曜や祝日が休日という訳ではありません。

話を戻しましょう。

休日には、「法定休日」と、「所定休日」の2つの休日が存在します。

法定休日とは?

労働基準法第35条では「使用者は、労働者に対して、毎週少くとも1回の休日を与えなければならない。但し、4週間を通じ4日以上の休日を与える使用者については適用しない」と明記されています。

法定休日とは、労働基準法で定められている労働者に対して必ず与えなければいけない休日のことで、毎週少なくても1日は休日を与えなければいけません。(もしくは4週間で4日以上)

所定休日とは?

労働基準法に詳しい方なら「あれ?」って思うかもしれません。

何故なら、労働基準法(第32条)では、1日8時間、週40時間を超えて労働させることは出来ないと定めています。法定休日は週で1日の休日で構わないので、1日8時間×6日=週48時間働かせてもOKという解釈になってしまい、労働基準法(第32条)と矛盾してしまいます。

労働基準法(第32条)は厳守しなければいけないので、1週間で40時間以内の労働に抑えなければいけません。1日の労働時間を減らして帳尻を合わすことも可能ですが、実際、そういった労働条件で勤務させている会社って少ないです。

そこで、所定休日が登場します。

所定休日とは、法定休日以外に会社側が任意に休暇を与えることで、どの曜日に設定するなどの法的な縛りはありません。ですので、一般的な会社であれば、土日が休日になるので、土日のどちらかを所定休日にして、もう一方を所定休日にして週休2日制にしています。

労働者にとってはどちらも休日なので関係ないと思われるかもしれませんが、仮に法定休日に出勤すれば2.5割の割増賃金を得ることが出来ますが、所定休日の場合は、割増賃金を得ることができません。

※詳しくは「残業についてきちんと理解しよう」を参照して下さい。

ただ現実的に、就業規則などで、所定休日は土曜で法定休日は日曜といった取決めをしている会社はほとんどありませんので、フルタイムで勤務している人にとってはあまり気にすることではありません。

尚、「俺は、残業や休日出勤をしまくって週60時間は働いてるぞ!」と思う方もいるかもしれませんが、会社が36協定を結んでいれば、労働者に労働時間の延長や休日出勤を命じることができるので、労働基準法(第32条)の制限に捉われる必要はありません。

※詳しくは「残業は基本的に拒否できない」を参照して下さい。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

バイト探しならマッハバイト

マッハバイト(旧ジョブセンス)では業界トップクラスの約19万件のアルバイト求人情報を掲載しています!

採用されると求職者にお金が支払われる画期的システムにより人気急上昇中!

>>求人を探す<<

20代でフリーターから正社員になる手っ取り早い方法

ジェイックでは、フリーターや社会人経験のない方を対象に希望にあった20社を紹介してもらえる就職支援サービスです。

フリーターから正社員への支援実績は14,000人以上!

無料就職講座後の就職率は約80%!説明会は私服でOK!履歴書不要!退室も自由なので気軽に参加できます。

>>公式サイトはコチラ<<

公開日: 2014年10月12日
更新日: 2014年10月13日
サブコンテンツ