生理休暇の取得率は10%以下!とりづらい?

労働基準法では、「生理日の就業が著しく困難な女性が休暇を請求した場合は、その者を就業させてはいけない」と明記されています。

これを簡単に言うと、「生理休暇を取得したいと会社に申し出た場合、会社は拒否できない」ということになります。

これは、正社員でも派遣社員でも、アルバイトでもパートタイマーでも、給料所得者の女性であれば、誰でも適用されます。

どうやって判断する?

病気やケガでは無いので、医師の診断書の様な証明書を提出する必要はありません。あくまで自己申告で良いので、会社はその事実関係を確認できない場合でも、申告があれば原則的に受理しなければいけません。

そうなると、悪用する女性が出てきてもおかしくありませんが、現状そういった法律になっています。

生理休暇は有給ではない

会社は、労働者が生理休暇を取得した際は、賃金を支払う義務は無いと、労働基準法に明記されています。逆に言えば、義務は無いが支払うこともできます。まー、生理休暇で賃金を支払っている会社を聞いたことがありませんが・・・

そういった事項は、基本的に就業規則に記載されていますので、自分の会社はどういう対応を取るのか確認してみて下さい。

なので、生理休暇は決して有給休暇ではありません。

全国的に有給休暇の取得率が低いので、生理休暇を取得する労働者に、有給を使って休んでもらうと言った働きかけをしている会社も増えていますが、まだ一般的ではありません。

生理休暇取得率は10%以下

とあるアンケート会社が実施した、生理休暇を取得したことがある人の割合は、およそ8%です。取得しない理由の一部を掲載します。

  • 恥ずかしいから上司に言えないから
  • 生理休暇を取るなら普通に病欠で休む
  • 職場で取っている人がいないから
  • 生理ごときで休んでたら女性は働かなくてもいいなんて言われてしまう
  • 有給を使うから
  • 存在を知らなかった
  • 会社を休むほどでもないので

私は男子なので、生理の辛さが分かりませんが、私がサラリーマン時代に働いていた会社でも、月1ペースで休暇を取る女性社員はいなかったので、誰も生理休暇を取得していなかったのでしょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

バイト探しならマッハバイト

マッハバイト(旧ジョブセンス)では業界トップクラスの約19万件のアルバイト求人情報を掲載しています!

採用されると求職者にお金が支払われる画期的システムにより人気急上昇中!

>>求人を探す<<

20代でフリーターから正社員になる手っ取り早い方法

ジェイックでは、フリーターや社会人経験のない方を対象に希望にあった20社を紹介してもらえる就職支援サービスです。

フリーターから正社員への支援実績は14,000人以上!

無料就職講座後の就職率は約80%!説明会は私服でOK!履歴書不要!退室も自由なので気軽に参加できます。

>>公式サイトはコチラ<<

公開日: 2014年10月22日
サブコンテンツ