アルバイトとして働くメリット

正社員ではなくアルバイトとして働く理由は人それぞれあると思います。正社員と比べると安定性が無かったり、給料が低かったりデメリット要素が多いですが、正社員ではなく、あえてアルバイトとして働いている人も多くいます。

ここでは、正社員と比べてアルバイトとして働くメリットについて考えていきたいと思います。

アルバイトとして働くメリット

時間の融通が利きやすい

アルバイトしかしていないフリーターの方なら、フルタイムで働けるのであまり関係ないかもしれませんが、幼稚園の送り迎えをしなければいけない主婦や、週末に副業としてアルバイトするサラリーマンからしてみれば、時間の融通の利くことがアルバイトとして働く最大のメリットと言えるでしょう。

働くまでが簡単

正社員だと、採用されるまでのハードルが高くなるので、それなりに履歴書対策や面接対策をしなければいけません。その点、求人にもよりますが、アルバイトは完全な売り手市場になっているので、採用までのハードルが低くて働くまでが簡単です。

今すぐお金が必要な時などは正社員で探すよりもアルバイトを探した方が得策です。

自分のやりたいことが出来る

正社員だと職種を選べなかったり、色々な仕事をこなさなければいけないなど、自分のやりたいことを実現することが困難になりがちですが、アルバイトだと良い意味で仕事の範囲が狭いので、本当に自分のやりたい仕事を実現することが容易です。

すぐ辞めることができる

例えば、今より条件の良い仕事を見つけた場合、正社員として勤務していたら辞めにくですよね。まー、正社員でも法的には辞める2週間前までに退職の意志を伝えれば退職することができますが、実際にはなかなか辞めにくいです。

その点、アルバイトだといつでも辞めることができるので気が楽です。

スキルを磨くことができる

「自分のやりたいことが出来る」と被りますが、正社員だとマネジメントなど、自分のやりたいこと以外の知識を色々と身に付けなければいけませんが、アルバイトだと一つの仕事に特化して従事することができるので、効率良くスキルを磨きやすいです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

バイト探しならジョブセンス

ジョブセンスでは業界トップクラスの約14万件のアルバイト求人情報を掲載しています!

採用されると求職者にお金が支払われる画期的システムにより人気急上昇中!

>>求人を探す<<

20代でフリーターから正社員になる手っ取り早い方法

ジェイックでは、フリーターや社会人経験のない方を対象に希望にあった20社を紹介してもらえる就職支援サービスです。

フリーターから正社員への支援実績は14,000人以上!

無料就職講座後の就職率は約80%!説明会は私服でOK!履歴書不要!退室も自由なので気軽に参加できます。

>>公式サイトはコチラ<<

公開日: 2014年10月9日
サブコンテンツ