職場はアルバイトにより成り立っている

アルバイトやパートといった働き方は1960年代から加速してきたと言われています。

企業がアルバイトやパートを雇うメリットはいくつかありますが、一番の大きな理由は『人件費を抑えることができる』からです。特に専門知識の要らないマニュアル化された作業であれば、人件費コストの高い正社員を使う必要は無く、言い方が悪くなりますが、低賃金でいつでも切り捨て出来る(実際には難しいが・・・)アルバイトやパートを使って仕事をさせた方が会社としても経費を抑えることができます。

また、正社員の様にフルタイムで勤務させる必要も無いので、土日の繁忙期だけフルタイムで働かせて、平日の昼間など、暇になったら休みを多くしたり勤務時間を減らしたり自由に設定できる点も大きなメリットになっています。

2011年に厚生労働省が実施した「就業形態別就労状況」によると、全労働者の内の27.0%がパートタイマー(アルバイト)で占めています。更に飲食業に絞って言うと、全体の57.9%がパートタイマー(アルバイト)になります。

この数値は年々上昇しており、今後も増加していくと思われます。

女性労働者の約40%以上が非正社員で、パートタイマー全体の70%が女性です。パートタイマーの平均年齢は40歳前後と言われていますので、パートタイマー=主婦と言うイメージもまんざら間違っていないことが分かります。

この様に、職場を支えているのはパート従業員でありアルバイトです。その割に、正社員と非正社員の給料格差は年々広がっていると言う矛盾を企業はもうちょっと考えて頂きたいものです。。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

バイト探しならジョブセンス

ジョブセンスでは業界トップクラスの約14万件のアルバイト求人情報を掲載しています!

採用されると求職者にお金が支払われる画期的システムにより人気急上昇中!

>>求人を探す<<

20代でフリーターから正社員になる手っ取り早い方法

ジェイックでは、フリーターや社会人経験のない方を対象に希望にあった20社を紹介してもらえる就職支援サービスです。

フリーターから正社員への支援実績は14,000人以上!

無料就職講座後の就職率は約80%!説明会は私服でOK!履歴書不要!退室も自由なので気軽に参加できます。

>>公式サイトはコチラ<<

公開日: 2014年10月7日
更新日: 2014年10月27日
サブコンテンツ